カレンダー

« 2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
RSS FEED

« エプサイト 柴田慶子写真展「聞き写し、 春日」 | メイン

2019年03月07日 | Posted by ギャラリーチーム

エプサイト・神田開主写真展「視線をむすぶ」

こんにちは あっという間に2月も終わり3月になってしまいました。。毎年2月下旬はは写真に関わる業界ではカメラと写真映像の見本市である「CP +」を控え、全く落ち着かない時期でもあります。準備に追われるこの時期私たちの周囲は皆目が回る思いでいて、ブログの更新も伸び伸びになり大変失礼しました。会期後となりましたが、今回は2月16日から開催された神田開主さんの展覧会の様子を事後レポートとしてご紹介しますね。

20190215_▲今回の写真展「視線をむすぶ」のメインビジュアル。神田さんは静かに変わってゆく地元・群馬県の景色に眼差しを向け、その姿を写真に撮り続けています。

神田さんの作品を拝見し、最初に感じたことはとにかく「落ち着いている」ということ。写真の中に定着された一つ一つの景色が端正な気配を纏い、淡々とその場に存在しているような印象を受けます。神田さんの作品が醸し出すこの「落ち着き」の秘密を少しでも知りたく、お話を伺いました。

神田さん:写真は20歳の時に専門学校に通うになってから本格的に始めました。以前から何かを作りたいという漠然とした思いがあり絵画を勉強していた時期もありますが、写真は一人で出来るし、それから今日まで12年間続けられたので、自分に合っていたのだと思っています。

神田さんは現在32歳。一般的に見て写真家のキャリアとしてはまだまだこれから、という年齢ですが、すでにこれまで2冊の写真集を出版し個展は5回開催しています。地元である北関東の地を歩き、コツコツと写真に収めるのが神田さんの作品制作の基本とのこと。その作品にはすでに確固たる独自世界が築かれているようにも見えます。

神田さん:自分にとって写真は何かを主張するものではなく、何かを確かなものにしていく手段なのだと思っています。 カメラは目の延長で、自分が見たものを写真の中で定着させ、あらためて見返すことで色んなことが浮き上がってくる、自分にとって写真は世の中の物を見たり感じたりする際のクッション材のようなものです。

あまりに近すぎて意識を向けないうちに少しづつ変化していく周囲の景色。特別ドラマチックな事があるわけではないけれど、同じ景色を幾度も繰り返し見て、積み重ねた上で感じた事を写真を通じて確かな形にするという神田さん。その忍耐強いまでの眼差しこそ、神田さん独自の落ち着いた作品の気配を形作っているのかもしれません。

神田さん:目立たない作品だと思いますが、エプサイトの選考委員の方々が自分の作品制作の背後まで察して、評価してくれたのが嬉しかったです。

P2220921▲神田さんの展覧会の様子。実にきちんとした佇まいです。横位置の写真ですが、額を縦に使い上下に余白を広くとる形でマットに収まっています。これは、神田さん曰く「どこまでも広がって続く北関東の景色に一つ一つ区切りをつける意味でこのような仕立てにした」とのこと。なるほど。確かに、的確な効果を生み出しているように思います。

 さて話は変わり、神田さんの作品は美しいモノクロのプリントも見どころの一つです。こればかりは実物をご覧いただかないことにはお伝えにくいのですが、精緻でとても美しいトーンです。
 
神田さん:フィルムで撮影し、それをスキャンしてインクジェットプリントというフローが多いです。
モノクロは、自分で最初から最後まで自分で関わることができるので好きです。現像もお店には頼まず、自分のネガのデータをずっと作り続けています。
用紙はハーマンのグロスバライタを気に入って使っていたのですが、販売中止になって、その時に慌てて買い占めました。

撮影はシンプルな機構のカメラでオートの設定は使わず、1/500秒のF11をベースにコツコツと自分のネガのデータをとって現像・スキャン・プリントする。神田さんは特別なことをするわけではなく、撮影からプリントに至るまで全てにおいて写真の基本となることをシンプルに積み重ねているようです。「フィルムにせよデジタルにせよ、自分で作って自分の目で確かめて、ということをこれからも続けていきたい」と語る神田さん、これは今の時代、逆に出来る人が少ない事なのかもしれません。

最後に神田さんに今後の展望についてお聞きしました。

神田さん:今年は清澄白河にあるTAPギャラリーに1年間の期間限定メンバーとして参加し、数回個展を開く予定です。このシリーズは実はすでに何百枚も作品があって、今回エプサイトに飾った作品以外を展示するつもりで準備を進めます。写真展は自分を振り返る場所、限られた期間にギャラリーに足を運んでくださる方に見てもらう作品だから、きちんと背筋を伸ばして取り組むべきことだと思いますし、提示した作品を見てくれた人と話をしてまた新たな制作につなげていく、というフローを続けていきたいと考えています。

神田さんの今後の活躍にもぜひみなさんご注目くださいね。

さて今回の神田さんの会期で昨年11月から始まった2018年度・エプサイト下期公募展の7会期、全てが終了しました。開催されたこの7つの展覧会の中から最も優れた展覧会を「第3回 epSITE Exhibition Award」として選考し、発表します! どの作品もひとつひとつ個性的で豊かな可能性を秘めたものばかりで、この場所で写真展を開催してくださった作家の皆様お一人お一人に心から熱く熱く、感謝の言葉を申し上げたいと思います。発表は春以降、エプサイトのwebページ内でお伝えする予定です。こちらにもぜひご注目ください。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/34170858
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 エプサイト・神田開主写真展「視線をむすぶ」:

最新のトラックバック

トラックバック一覧