カレンダー

« 2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
RSS FEED

« エプサイト・嶋田聡史写真展「気鋭の排他」 | メイン

2018年12月06日 | Posted by ギャラリーチーム

エプサイト・稲垣英孝写真展「RESURRECTION SPELL」

こんにちは 先週11月30日よりエプサイトでは稲垣英孝さんの写真展「RESURRECTION SPELL」を開催しています。今日はその様子をご紹介しますね。

1_▲稲垣さんの写真展DM。カメラを持って岩山を登る人の後ろ姿、テトラポットの並ぶ海岸線、作業着を着てカメラに眼差しを向ける人、etc...  一見何のつながりも持たない写真が隣り合う稲垣さんの作品。不思議な雰囲気です。

まず最初に稲垣英孝さんのご紹介を少々。高校時代に写真部に入部、大阪芸術大学で写真を専攻し在学中に学長賞を受賞、現在は東京に拠点を移し、業界紙の記者として仕事をしながら、作品の制作を続けています。写真をずっと撮り続けてはいたけど、「発表する」ということからは少し遠ざかっていたという稲垣さん。実は今回、初個展となるそうです。
スナップショットが不思議な組み合わせで並んでいる稲垣さんの作品ですが、まずは作品のコンセプトについてお聞きしました。

稲垣さん:ここ数年は特定の地域や特別なものを写さない、というコンセプトで写真を撮っています。写真は現実に存在するものを写すものですが、同じ写真でも、見る人によって全く解釈が違ったり、並べ方で意味合いが変わったりします。今回の作品は見てくれた人に解釈を委ねる、という事がテーマの一つになっています。

「RESURRECTION SPELL」というタイトルは直訳すると「復活の呪文」という意味。実はこの作品のタイトルは、あるゲームから着想を得たのだそう。

稲垣さん:ある昔のゲームに「復活の呪文」というものあります。これは中断したゲームを再開するときにを入れるパスワードなのですが、単なる文字の羅列で出来ています。一見意味を成さない文字の羅列に暗号のようなものが組み込まれていて、それが再スタートの鍵になるのです。写真にもそういった暗号的な要素があるんじゃないかと思っています。

不規則なものを組み合わせ並べた時に、何かが始まって様々な思いを想起させる、こうした稲垣さんの試みは写真展の中にどう落とし込まれていったのでしょう。

稲垣さん:写真は記号として並んでいるけど、見る人それぞれの解釈が入る。今回、写真の並べ方は最後の最後まで悩みました。それでようやくたどり着いたのが「音楽」というキーワード。自分の写真は音楽の楽譜のようなもので、見る人がそれを解釈して演奏する。「音楽」というキーワードを手掛かりに構成を考えることで、腑に落ちました。

Pc040659▲ギャラリー内の様子。確かに五線譜に音符が並んでいるかのようにも感じます。実はこの並べ方は、稲垣さんの記憶の中にある一番古い楽曲の音の並びを意識されている、とのことです。

さて、稲垣さんの作品のもう一つの見どころは1枚1枚のプリント。ハッセルブラッド500CMにデジタルバックという装備で撮影された作品は、中判ならではの被写界深度と画質で、優しいけど芯がある、何とも言えず美しい描写です。

稲垣さん:フィルムの頃からカメラは中判を使っていたのでデジタルでも自然とこの装備になりました。作品は全てRAWで撮影しています。自分のプリントはシャドーを起点にしていて、影は起こしてつぶれないようにするのが基本です。ハイライトが飛びすぎた時はそこだけ抑えます。色は派手にしないように心がけています。 

画面でお伝えできないのが残念ですが、フィルムとは似ているけど違う、デジタルとも違う、「第3のトーン」という言葉が似合うようなプリントです。

Img_7180▲ギャラリー内の一部。ちなみにこの辺りは稲垣さんが好きなゴッホの作品にかけた並び方になっているとのこと。みなさんお分かりになるでしょうか。。。「解釈は見る人に委ねる」と稲垣さんはおっしゃいますが、作家に意図を直接聞いてみるのも、もちろんオッケーです。稲垣さんも快く解説してくださいます。

最後に稲垣さんに写真展をやってみての感想と今後の展望を伺いました。

稲垣さん:今回初めての展示ですが、空間を使って作品を見せるというのはとても面白いですね。ブックはブックで面白いですけど、写真は展示で見せる価値があるということが良く分かりました。他の展覧会をまわっても、自分が学生だった頃より、今のほうが凝った展示が多いですよね。見る側に刺激を与える展示とは何だろうと悩んだことも今後の糧になるかと思います。
次は特定の場所に絞った作品を作ってみたいです。短い時間で作ってみたいこともあり、次作のヒントをこの個展で何か得られれば、とも思っています。

稲垣さんの展覧会は今月13日の14:00まで。ぜひギャラリーで、稲垣さんの作品世界を味わってください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

エプサイト 稲垣英孝写真展 「RESURRECTION SPELL」 


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/34161485
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 エプサイト・稲垣英孝写真展「RESURRECTION SPELL」:

最新のトラックバック

トラックバック一覧