カレンダー

« 2019年1月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
RSS FEED

« エプサイト・稲垣英孝写真展「RESURRECTION SPELL」 | メイン

2018年12月20日 | Posted by ギャラリーチーム

エプサイト 安藤久美子写真展 「木魂」

んにちは すっかり冬らしく、毎日寒いですね。冬至も近くいよいよ1年で最も太陽の出る時間が短くなりますが、エプサイトではまさにこの時期らしい展覧会を開催中です。12月14日より開催中の安藤久美子さんの写真展「木魂」を今日はご紹介します。

Dsc_6614▲安藤久美子さんの「木魂」より。闇の中にさざめき合う竹の様子がかなり抑えられた光で表現されています。

今回の安藤さんの作品の被写体は竹と椿です。竹と椿は私たち日本人にとって古くから馴染みのある植物。どちらも魂が宿る木として日本の文化と深く結びつく植物です。

安藤さん:竹などの植物に関して以前から興味がありました。京都が好きで以前からよく出かけていたのですが、夜の闇の中で見る自然の景色が好きでした。

安藤さんが写真を本格的に始めたのは5年前とのこと。コンパクトデジタルカメラで何気なく撮った竹の写真が日本最大の審査制写真投稿サイト・東京カメラ部の「今日の1枚」に紹介され、知らない人からたくさんの反響いただいたとのことです。

安藤さん:海外の方からも「ワンダフル」とか、、、思いがけずたくさんの方にコメントをいただけたのがとても嬉しかったです。それで写真をもっと本格的にやってみようかと。すぐに1眼レフカメラを買い、次の月には「PHaT PHOTO写真教室」で受講をはじめました。

素晴らしい行動力で、それからは一気に生活の軸が写真中心になったという安藤さん。レギュラーのコースを終えた後は、さらに「展示」を目指し集中的に学ぶコースを受講されたとのこと。

安藤さん:このクラスは「展覧会を開催する」ということをゴールとする、まさに展示に特化したコースなんです。発表の仕方、ステートメントの言葉の選び方、展示の配置など、展示に関するさまざまな事を学んでいきました。それまでのワイワイ楽しくやる感じはなく、急にストイックに突き詰めていった感じです。

写真の発表の在り方も多様化している今、もともと写真をはじめたきっかけがインターネットの世界だった安藤さんが、「展覧会」というスタイルにこだわったきっかけは何だったのでしょう。

安藤さん:今の私の作品はモノクロで、かなりアンダーのトーンなのですが、実は最初に東京カメラ部に投稿した竹の写真はカラーでもっと普通の写真だったんです。写真を始めて2年目ぐらいから、自分でしか作れない世界を模索して、たどり着いたのが、今回の作品のような表現です。そうなるとモニターでは全然伝わらない。紙で表現するトーンがベストなのです。しかも自分で撮っている作品の世界はサイズが小さいと伝わりにくい、大きく見せるには展示という手法がベスト、生のプリントで見ていただくのが究極という結論に達しました。

安藤さんの作品の特徴は、非常に抑えられた光の表現、かなりアンダーなモノクロの世界なのですが、このように作品を仕立てた意図をお聞きしました。

安藤さん:よく「夜に撮っているのですか?」という質問をいただきますが、撮影しているのはたいてい日中です。背景が崖になっているところなど薄暗いところで撮っています。最初はカラーで撮っていたのですが、いらないものをどんどんそぎ落としてシンプルにしていく過程でこうなりました。
色や光をそぎ落とし、重要なもの、自分が一番美しいと思っているもの、そこに魂の気配を感じるものだけは見えているように、と意識して仕上げています。
でも背景は真っ暗ではないのです。奥に隠れているものの美しさもうっすら残すように、しばらく見るとじんわり見えてくるように、そこをぎりぎり保つようにしています。目に見える美しさは普通の露出で写せば写りますが、奥深い美しさを表現するために色や光をそぎ落としていった。一輪のお花を床の間に活けるといったこともそうですが、日本の美意識はマイナスの美学ですよね。また陰影の中に美を見出すのも私たち日本人特有の感性です。

Pc150707▲ギャラリー内の様子。最初は真っ暗でよく見えなかったものがそのうちにじんわりと見えてくるような感覚です。ライティングもじんわり光がにじむようなイメージで調整しています。

プリントの用紙はエプソンのVelvet FineArt Paperと、大判作品はPXMCプレミアムマット紙ロール。しっとりとした闇が表現されています。

安藤さん:これだけ黒が多い作品なので大変でしたけど、今回の展示の準備を通じて大判のプリントの取り扱いを学びました。黒のトーンは調整中もモニターではずっと見ているのですが、プリントしてインクが落ち着いた頃に判断をしていました。プリントが最終の成果物なので、最後は紙にプリントされたものを自分の目でみないと判断がつかないということもあらためて強く思いました。

Pc140688▲初日の12月15日夜に開催されたギャラリートークの様子。トークのゲストは安藤さんの師匠である写真家の神島美明さん。神島先生からも「ここまで作品をシンプルにするには勇気がいる。このシンプルという日本人の美意識は見る者に対して入り込む余地を持たせている」とのコメントが。話は多岐に渡り、トークは大いに盛り上がりました!

暗闇の中で五感が冴えていくような感覚。日本人が元々持っている美意識を竹と椿を通じて表現した安藤さんの作品世界。ぜひギャラリーに佇んでご覧いただければと思います。

安藤久美子さんの展覧会「木魂」は12月27日14:00まで。エプサイトは日曜は休館ですが祝日は開館していますので、ぜひ足をお運びください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

エプサイト
安藤久美子写真展「木魂」



トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/34163025
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 エプサイト 安藤久美子写真展 「木魂」:

最新のトラックバック

トラックバック一覧