カレンダー

« 2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
RSS FEED

« エプサイト 池上諭写真展「蜜柑が赤く熟れる時分」 | メイン | 中井精也&川村エミコ写真展「カメラって楽しいね!」まもなく開催です! »

2018年09月20日 | Posted by ギャラリーチーム

エプサイト 舞山秀一写真展「I'M HERE.1986~2018」 開催中です。

みなさんこんにちは! 久しぶりのブログの更新ですが、本日はエプサイトからの話題を少々。。。
エプサイトでは現在、写真家・舞山秀一さんをお迎えしての特別企画展「I'M HERE.1986~2018」の会期真っ只中です。連日多くのお客様にギャラリーで作品をご鑑賞いただいております。

まずは舞山さんのご紹介を少々。。。 舞山秀一さんはコマーシャルフォトグラファーとして、デビュー以来、常にその時代の第一線で活躍を続けています。CDジャケット、写真集、雑誌、広告などのメディアで、著名な方々のポートレート撮影を中心に活動されているので、そういったお仕事での写真を通じ、知らず知らずのうちに舞山さんの作品を目にしている方も多いのではないでしょうか。

また舞山さんは、作家としての活動もコンスタントに続けています。多忙なお仕事と並行し、作品集の出版や写真展も定期的に行っているのです。舞山さんの写真への情熱とプリント制作に対する姿勢をリスペクトする我々は、意を決して舞山さんにエプサイトでの展覧会開催を依頼、快諾いただきました! 今回の展覧会では、舞山さんが20年以上に渡り旅先で撮り集めてきたポートレートを中心とした珠玉の作品をご覧いただけます。

P9080672▲舞山さんの珠玉のポートで埋め尽くされたギャラリー内 圧巻です!! 作品は右側壁面の1986年に撮影された作品から始まり、半時計回りにおよそ時系列で並んでいます。

P9080673▲こちらの白い壁面には2012年から2018年までの作品を展示。最新の舞山さんの作品世界をご堪能いただけます。

Img_6725▲ギャラリー内には撮影地や撮影年代を記した作品のリストを設置しております。ギャラリーにお越しいただきましたら、ぜひ、こちらをお手元で参照しながらご覧くださいね。

今回の展覧会はとにかく見どころ満載ですが、僭越ながら鑑賞のポイントを3つ挙げてみます。

1.舞山さんの30年以上に及ぶ作品の軌跡
 今回1986年から2018年までの舞山さんの作品が一堂に並んでいますので、撮り方、被写体との距離、現像の仕上げ方など、時代ごとに作品が変化する様子が、流れで見る事が出来ます。

01_199612_portugal_book1_048▲例えばこちらは1996年にポルトガルで撮影された作品。今現在の舞山さんの作品はモノクロームですが、この頃はお仕事も含め、カラー、そしてクロス現像という手法も多くされていたとのこと。力強く鮮やかに被写体が立ち上ってくる印象です。

2.美しい、こだわりのプリント
 舞山さんと言えば、プリントワークをとても大切にされる作家としても知られています。今回の展示作品はもちろん舞山さんご自身が全て制作されました。エプサイトのプライベートラボでの様子を少しだけご紹介しますね。。。

Img_6659▲作品制作のため、この夏、睡眠時間を削る日々が続いていたという舞山さん。本当に頭が下がります。

1986年から2000年代半ばまでの作品は原版がフィルム。全ての作品を今回あらためてスキャンをして、最新の大判インクジェットプリンター「SC-P2005ps」で制作されています。スキャナーは舞山さん自前の「Flextight X5」です。モノクロ作品の場合、スキャンデータにさらにひと手間かけ、35mmフィルムから仕上げたとは思えないような高精細な仕上がりに。ハイライトのなめらかなさ、シャドーの美しいトーンがたまりません! 用紙はハーネミューレのフォトラグ・バライタ。実は当初、和紙も含め別の様々な用紙を試されましたが、最終的には普段から舞山さんが作品を制作される際に使用されているこの紙に落ち着きました。

Img_6671

Img_6672▲大判プリンターからプリントが出る瞬間のキャッチもお見事。傷つけることないよう、本当に大切に、丁寧に、一枚一枚のプリントを取り扱う舞山さんの姿に、日ごろからプリントに携わる私たちも、あらためて背筋が伸びる思いでした。

3.展示手法
 一般的に写真展では作品を額に入れたりパネル仕立てにして飾りますが、今回ギャラリー内・グレーの壁面には、額装をせずそのままの状態で直に貼っています。作品は高級紙を使っての飛び切りのファインプリント。それを額装で飾ることなく、そのままシンプルに貼っただけの展示が、なんとも潔くカッコいいのです。作品の勢いがストレートに、生身の形で伝わるような印象です。

Img_6727▲プリントの四隅に注目。こんな風にマグネットを使って、壁に直に貼っています。

一方、最新の作品が並ぶ白い壁面は、カスタム制作の重厚な額を使って作品を飾っています。

Img_6728▲厚手の額の中に、作品が浮いたような形で収まっています。被写体の周囲の空気も閉じ込めたかのような最新の舞山さんの作品に、とても良く似合って何ともカッコいいのです。

直貼り作品も額装作品も、作品をどうプレゼンテーションするか、舞山さんが考え抜かれたプランです。こうした作品の仕立て方も、作家の表現を味わうための見逃せないポイントなのです。

P9080641▲9/8(土)にはトークイベントも開催されました。Adobe BridgeとPhotoshopを連携させて展示構成の図面を作成する方法など、舞山さんならではのテクニカルなお話も飛び出し、会場からは「ためになった!」という声も。。。

展覧会は作家の意図が最も反映する「表現物」。「趣味が写真で、写真が仕事」と語り、いつの時代も真摯に写真に向き合ってきた舞山さんのお人柄がストレートに表れたような今回の写真展ですが、会期は残すところあと2週間です。「舞山さんの空間」を味わいに、ぜひお気軽にギャラリーに足をお運びください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

舞山秀一写真展「I'M HERE. 1986~2018」
会期:9月7日(金)~10月4日(木)10:30~18:00
   ※最終日は14:00まで ※日曜、9/28(金)は臨時休館


 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/34144293
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 エプサイト 舞山秀一写真展「I'M HERE.1986~2018」 開催中です。:

最新のトラックバック

トラックバック一覧