カレンダー

« 2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS FEED

« エプサイトギャラリー・関根健太郎写真展「暴水都市」 | メイン | エプソンニューフォトフォーラム2015開催のお知らせ »

2015年10月15日 | Posted by CPMD

エプサイトギャラリー・写真展作品募集中!

秋は気持ちがいいですね。
むき出しだった肌にまとう袖の長さが心地よく感じられると、
『さて、このへんで一つ区切りをつけて、次のことを考えはじめようかな?」
という気に、皆さんもなりませんか。

こんにちは、ギャラリーチームです。

写真作品の制作に取り組んでいる方の中には、ひとつのテーマを長く追い続けている方、複数のテーマに同時進行で取組んでいる方等、それぞれいらっしゃると思います。
一通り完結している方も、未だ途中の段階の方も、写真展としてまとめ、発表することで、何かが見えてくることは間違いありません。
よく例えられることですが、写真活動における写真展開催は、音楽の世界ではLIVEコンサートを行うこと、写真集を出版することは、同じくCDを発売すること、と言われます。
まず、ギャラリーで写真展を行うことで、次なるステップへの足掛かりにしてみませんか?

ということで、エプサイトギャラリー、写真展作品を絶賛募集中です。

今回は、10月31日(土)エプサイト到着分までを有効としています。
そして決定した暁には、来年(2016年)4月上旬~9月下旬に写真展を開催していただくことになります。

エプサイトは、企業ギャラリーのわりには“攻めている”ギャラリーであると言っていただくことがあります。
はい、それはそれは嬉しく光栄なお言葉で、私たちもとてもやり甲斐を感じている次第です。

募集概要につきましては、エプサイトのホームページをご覧いただき、奮ってご応募いただきたいと思います。
まだまだ間に合います。
Dscf2258写真は、2014年9月に開催した、櫻井尚子写真展「鳥-Dromaius」の会場写真です。
鳥が、それも大きめな鳥が少々苦手な私は、毎朝照明のスイッチを入れる度にエミューたちに眼をつけられ、おろおろしたものです。
シンプルなギャラリー空間でも、プリントのサイズ、展示位置の高低、照明器具の選択と光量の微妙な調整で、写真家のイメージ通りの空間が出来上がるのです。


よき写真展を目指し、ともに考え悩み、プリント制作を見守らせていただきながら諸々の詰めを行い、ともに設営し、会期が始まればともにお客さまをお迎えし、プリント販売作品のプロモートをともに行い、ともに次の活動を思い描く・・・。そんな活動をともに出来る方を心よりお待ちしています。
(ギャラックマ)

エプサイトギャラリー・作品募集詳細はコチラ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/33610329
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 エプサイトギャラリー・写真展作品募集中!:

最新のトラックバック

トラックバック一覧