カレンダー

« 2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
RSS FEED

« 星空をSC-PX5VⅡで印刷してみました。 | メイン | プリント設定に迷わない!【Epson Print Layout】 »

2015年02月20日 | Posted by ギャラリーチーム

エプサイトギャラリー・北島敬三写真展「ヘンリー・ダーガーの部屋」

ヘンリー・ダーガーの部屋に最初に足を踏み入れた時の印象を、まず北島敬三さんに聞いてみました。

北島さん「びっくりしたことは三つあります。
まず、たくさんの塗り絵が部屋中に散乱していて、大きいものは3メートルくらいもあったこと。
次に、ダーガーの絵は紙の表にも裏にも描かれているということ。展示することなど考えていなかったからでしょうね。
そして、『非現実の王国として知られる地における、ヴィヴィアン・ガールズの物語、子供奴隷の反乱に起因するグランデコーアンジェリニアン戦争の嵐の物語』と題された長編小説をタイプした紙、一束の
分厚さと冊数の多さですね。
とにかく、とてつもない物量でしたね」

世界で最も有名なアウトサイダー・アーティストであるヘンリー・ダーガー。そのアトリエ兼住居だった部屋を撮影した北島さんの写真をテーマに展覧会が決まり、エプサイトとして告知活動を始めてみると、いつもの写真展を上回る数の問合せと、紹介記事の掲載依頼が集まりました。
北島敬三さんの名前の大きさはもちろんですが、ヘンリー・ダーガーというアーティストがここまで知られていて関心が高いことに驚くとともに、正直「しめしめ」と思いました。
えっ?たくさん観に来てくれそうだからだろ、って?
もちろん、それもあります。
でも、一番興奮した理由は、非常に貴重な被写体を、もの凄いプリントで見せることが出来ると、その時点から判っていたからなんです。

部屋が取り壊されるたった半年前、ちょうど20世紀の終わりが目の前に迫っている頃、自然光をたよりに丁寧にフィルムに収められた写真は、それから15年以上経過した現在、エプソンのK3顔料インクテクノロジーとトクヤマ・フレスコジクレーによって、息を吹き返したかのようにエプサイトギャラリー内に立ち現われました。

Dscf9344

「このシリーズは、ずっと前から展示したいと思っていました。それが実現できて、嬉しいですね」と仰られる北島さん。
エプサイトでもめったに使わない“トリミングカッター付スポットライト”でくっきりと浮かび上がるダーガーの創作現場の写真は、貴重な記録でもありますが、北島さんらしく挑んでくるようなプリントからはそれ以上に伝わってくるものが有り、もう観るだけで納得。圧倒されます。
ご自身が共同運営されるギャラリー「フォトグラファーズギャラリー」での個展とほぼ会期が重なっており、駅を挟んだ新宿の西と東とは、往来する人が増えそうですね。

北島敬三さんの肉声がお聴きになりたい方は、実は明日(2/21)なのですが、14:00からギャラリー内でトークイベントを開催します。
予約不要、入場無料ですが、お席に限りがございますので立ち見になったり、混雑状況によってはギャラリー内に入れない可能性もありますので、予めご了承願います。


さて、北島敬三展開催に合わせて、もう一つお知らせです。

先日の『CP+』のエプソンブースで大好評をいただいた、エプソンのメガネ型シースルーモバイルビューアー「MOVERIO(モベリオ)」を使用し、北島さんのご協力によりヘンリー・ダーガーの部屋のアナザー・カットを映像と音楽で視聴いただけるコーナーを、ギャラリーを出た直ぐの場所に設置しました。

Dscf9361
薄暗いギャラリーで圧巻のプリントにぶちのめされた皆さま、こちらのコーナーで更なる体験を済ませなければ、いらしていただいた甲斐がない、というもの。
お見逃しなく。

まず、メガネ型のモベリオを掛けます。目の前のパネルの写真を見ます。すると、自動的に映像がスタート。
簡単です。
是非、積極的に体験いただき、更なるダーガー通になってください。

説得力のあるプリント、それを引き立てるギャラリー空間、加えて、最新の映像端末体験。
この3週間のエプサイトは、要チェックですよ。
皆さまのお越しを、心よりお待ちしています。
(ギャラックマ)

北島敬三写真展「ヘンリー・ダーガーの部屋」の詳細はコチラ
北島敬三トークイベントの詳細はコチラ
Photographers' GalleryのWEBサイトはコチラ

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/33170169
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 エプサイトギャラリー・北島敬三写真展「ヘンリー・ダーガーの部屋」:

最新のトラックバック

トラックバック一覧