カレンダー

« 2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS FEED

« SC-PX5VⅡの画質を体験ください。 | メイン | むらいさち先生の作品作り »

2014年09月26日 | Posted by CPMD

新製品SC-PX5VIIによる写真展が、間もなく始まります!

こんにちは、ギャラリーチームです。

ゆーすけの記事に続き、SC-PX5VIIネタです。
エプサイトのショールームにてSC-PX5VIIの実機をご覧いただくことが出来、予約制ですがお試しプリントキャンペーンも行っていることは、ゆーすけの記事通りですが、元々インクジェットプリント写真ギャラリーがメインのエプサイトとしては、新製品の性能を「写真展」という形で皆様にご覧いただきたく、着々と準備を進めてきました。
いよいよ来週後半からスタートとなります。

Border_dm_ol_3

吉田繁写真展「BORDER」printed by SC-PX5VII 2014年10月3日(金)~10月23日(木) 10:30~18:00(最終日は15:00まで) 日曜日休館 入場無料
併催ギャラリートーク:写真家・吉田繁さんによるギャラリートークを行います。2014年10月10日(金) 1回目11:00~ 2回目19:00~ ※この日は、19時からのギャラリートークが終了するまで特別開館します。

吉田繁さんは、ご存知の方も多いと思いますが、インクジェットプリントに関しては非常に造詣が深く、K3インク搭載のプリンター登場以降その可能性の大きさに共感いただき、製品開発にあたっての貴重なご意見もたくさんいただいている写真作家のひとりです。
今回の新製品SC-PX5VIIによる写真展は、真っ先に吉田繁さんにエプソンから開催の提案を行い、実現にこぎつけたものです。

写真展の見どころとしては、
1.「BORDER」は、吉田繁さんが海外のアートフォトマーケットへの足掛かりを獲得した渾身のシリーズであること。
2.4種類の用紙を使用し、SC-PX5VIIの進化の一端を充分にご覧いただけること。
  ・4種類の用紙とは、純正の「Vevet Fine Art Paper」、FLトクヤマ「フレスコジクレーTypeR」、阿波和紙「びざん」、伊勢和紙「風祥」で、マットブラックの表現力向上を実感いただけるでしょう。
3.吉田繁さんによるギャラリートークを2回行うこと。
  ・10/10(金)の11時からと19時からの2回実施します。エプサイトは通常は18時閉館ですが、この日はお勤め帰りでも立ち寄っていただけるように19時からの回も設けました。奮ってご参加ください。

写真展のさらに詳しい内容は、いつもの通り写真展の初日10月3日にこちらのブログにアップしますので、どうぞご期待ください。

SC-PX5VIIを中心に、熱気あふれるエプサイトの9~10月、ぜひお立ち寄りください。心よりお待ちしています。
(ギャラックマ)

吉田繁写真展「BORDER」のページはコチラ
吉田繁ギャラリートークの詳細はコチラ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/32822223
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 新製品SC-PX5VIIによる写真展が、間もなく始まります!:

最新のトラックバック

トラックバック一覧