カレンダー

« 2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS FEED

« 新商品発表会の様子レポート | メイン | エプサイトギャラリー・櫻井尚子写真展「鳥-Dromaius」 »

2014年09月11日 | Posted by フォトイベントチーム

ニューフォトフォーラム2014 開催のお知らせ

みなさんこんにちは。ご無沙汰していました。フォトイベントチームのバビーです。
先週の9/2に発表した新しいカラリオプリンター、プロセレクションプリンターの発表から1週間たちました。
その日に「ニューフォトフォーラム2014」の開催も発表させていただきました。

Npf2014_3
▲ニューフォトフォーラムのチラシです。

今年は10/4の札幌会場を皮切りに南下し、SC-PX5VⅡの発売が開始される前までに大阪まで、4週間連続で開催いたします。(九州地方の皆さん、SC-PX5VⅡ発売前にお邪魔できず、すみません。福岡は11/29の開催です。)

開催日程の詳細は以下になります。
●札幌会場
 10月4日(土) 10:00~17:00 サッポロファクトリーホール
●東京会場
 10月11日(土) 10:00~17:00 ベルサール秋葉原
●名古屋会場
 10月18日(土) 10:00~17:00 日本ガイシフォーラム
●大阪会場
 10月25日(土) 10:00~17:00 ハービスHALL
●福岡会場
 11月29(土) 10:00~17:00 JR九州ホール
ニューフォトフォーラムの詳しい情報はコチラ

今年の展示の目玉はなんといっても3年半ぶりにモデルチェンジをしたプロセレクションプリンター「SC-PX5VⅡ」です。SC-PX5VⅡの情報につきましてはゆーすけが先週報告していますのでそちらをご覧になってください。
( ゆーすけの報告①はコチラ/報告②はコチラ )
また毎年恒例のプロセレクション大判プリントサービスですが、当然こちらは新製品「SC-PX5VⅡ」で行います。
SC-PX5VⅡを発売前にお試しになりたい方、ぜひご参加ください。
このプリンター以外にも、おなじみのプロセレクションプリンター(PX-5002、PX-7V)ももちろん展示いたしますし、7年ぶりに刷新されたフィルムスキャナー「GT-X980」。 こちらも当然展示いたします。

さらにプリンターの展示以外にも様々なセミナーやコーナーをご用意しています。
今年のセミナーは、
・ニコンカレッジセミナー講師による「高画素を活かして高品質なプリントを」 
・写真家 茂手木秀行氏による「SC-PX5V IIを使ったプリント作品づくり」
・プリンティングディレクター 小島 勉 氏とFine Art Print.JP(FAP.JP) 冨川 丈司 氏による「プロが実践!用紙選びとプリント作品の仕上げ方」
の豪華3本立てです。(各セミナーの詳細やスケジュールはコチラ

さらに今年も協力会社のブースにて、作品づくりに欠かせない、カメラ、モニター、カラーマッチングさせる測色器、ペンタブレットやファインアートペーパーなどの商品を体感できる「コラボレーションコーナー」もございます。
(ご協力いただく協力会社様の出展状況はコチラで確認してください。)
エプソン写真用紙各種やご協力いただいている用紙メーカー様の商品を取り揃えた大特価用紙販売コーナーなど、一日中楽しんで頂けるフォーラムになっておりますのでお近くにお住まいの方はぜひニューフォトフォーラムにお越しください。


それでは皆さまのご来場をお待ちしております。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/32802253
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 ニューフォトフォーラム2014 開催のお知らせ:

» 早摂祭案内 トラックバック 早稲田摂陵写真部ブログ
 早摂祭準備のために月曜に急ピッチで印刷をした。こういう時の7Vとオートファイン!EXは非常に頼りになる。ほとんどプリンター任せできれいなプリントが出てくるのがありがたい。本当はもうちょっと色調にこだわってプリントをしたいところではあるけれど、7Vの場合、少々こちらでいじくるくらいならプリンター任せの方が良い結果が出たりするのだから、困った(本当は困っていない)話だ。  そう言えば、エ...... [続きを読む]

最新のトラックバック

トラックバック一覧