カレンダー

« 2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS FEED

« エプサイト 三好和義写真展イベント&阿波和紙イベントのお知らせ | メイン | 紙は神なり 「それいけ!写真隊」金沢にて越前和紙のご紹介 »

2014年03月14日 | Posted by ゆーすけ

レンジファインダーデジタルカメラ R-D1xG

こんにちは、ゆーすけです。

ようやく春の暖かがきたかな~と思えるようになってきました。

さて、今日は2004年に発売させていただきました、R-D1シリーズのお話しです。

この度10年にわたりご愛顧頂きましたR-D1xG

在庫限りとなり、販売を終了することとなりました。

 

R-D1xGの前身となるR-D1は、世界初のレンジファインダー式デジタルカメラとして、2004年に写真を楽しむ環境が

アナログからデジタルに大きく変わる中、販売を開始致しました。当時はデジタルカメラといっても、

コンパクトデジタルカメラが主流で、デジタル一眼レフはようやく発売されたばかり。しかも、高価な商品でその頃は

まだまだフィルム一眼が写真愛好家たちの主力機種だったことは間違いありません。

当時、私もまだまだ銀塩カメラを主力として使っていて、デジタルは記録をとるためにしか使用していませんでした。

 

そのような中でエプソンとして、お客様が理想とする高品位なインクジェットプリントを実現するための入力機器として、

デジタル入力機器の開発を進める必要がありました。

そこで、忠実な色再現を可能にする画像処理技術を生かし誕生したのが、

世界初のレンジファインダー式デジタルカメラ、R-D1でした。

 

Img001073701▲ご好評いただいたクラシカルなデザインと巻き上げレバーが凛々しいですね。

 

この当時のデジタルカメラは、ノイズを出来る得る限り抑えることに力を入れていた画像処理エンジンが主流でしたが、

R-D1はあえてノイズを生かし、フィルムに近い表現となっていて、今までの銀塩感覚で作品表現ができるようになっていました。

その考え方は機能面にも出ていて、デジタルカメラにも関わらず、巻き上げレバーを採用したり、インジケータも

液晶表示ではなく針式を使用するなど、時計の技術もここに生かされています。

電源を入れた時、切った時の針式の動きなどはかなり心くすぐられました。

そして、レンズはEMマウントを採用。実質的にライカMマウントと互換性があり、多くのライカレンズを使用することができました。

お客様にとって、当時デジタルカメラ、レンジファインダー、しかもオートフォーカス無しというのは、画期的だったと思います

 

その後、R-D1s、R-D1xGと発売してまいりましたが、近年はデジタル技術の進化により、多くのカメラが

生活の中に浸透し、高品位な写真のインクジェットプリントをお楽しみいただける環境が整ってきました。

その中で、世界に先駆け先行したR-D1シリーズも、デジタルカメラの分野に相応の影響を与えたと思います。

そしてその入力機器としての役割を終えたと考え、R-D1xGを最後に販売終了となりました。

本当にありがとうございました。

 

今後も、皆様の作品作りに少しでもお役にたてる、そしてわくわくして欲しいと思っていただける商品の開発に努めますので、引き続きよろしくお願いいたします。

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/32141669
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 レンジファインダーデジタルカメラ R-D1xG:

» レンジファインダーデジタルの「EPSON R-D1xG」とうとう販売終了 トラックバック YOUのデジタルマニアックス dmaniax.com
Epsonの公式ブログで、レンジファインダーデジタルカメラ R-D1xGの販売終了に関する記事が投稿されました... [続きを読む]

» R-D1というカメラ..Laughter In The Rain トラックバック jutoraの観天望気
R-D1s Nokton 35mm F1.4 ついにR-D1xGが製造終了となってしまった。 (この [続きを読む]

» 告知!R-D1xG新品購入! トラックバック EPSONで行こう(仮)
 去る3月中旬にEPSON R-D1シリーズの販売終了のアナウンスがあり、R-D1xGのページにも在庫限りの表記が入りました。 私はHC-20以来の信州精機ファンでありますので、当然、R-D1に限らず商品が販売終了する時に少しセンチになります。 例えば、国民機用Windowsの販売終了のアナウンスなどは、原文をそのままドキュメント保存している程です。 (蛇足ながら以下が原文)お客様各位 1998年3月31日セイコーエプソン株式会社エプソン販売株式会社 エプソン98互換機用Windows98につい... [続きを読む]

» R-D1は長寿モデルだったのか トラックバック EPSONで行こう(仮)
 世の中にR-D1を使う人は、それ程沢山居ないと思う。 客観的に見た場合、そんなに便利なデジカメではないからだ。 自動でやってくれるのはせいぜい露出合わせ位なので、基本的に好きな人しか購入しない。 巻き上げ(※厳密にはシャッターチャージだが)すら手動のデジカメは全世界でこのカメラのみだ。 だから買った人は、相当な変態好き者って事になる。 好き者じゃない人がついうっかり買ったら嫌になるのが大半だろう。 そんなデジカメだから、話題に上る割りには売れてなかったろうなと思う。 つまりR-D1が基本構造を変更... [続きを読む]

» R-D1xGを修理に出すべきか思案する トラックバック さくら色写真館
 私を知る方なら今更ですが、私はEPSONファンです。 それもHC-20、HC-40、HC-80と歴代ラップトップを所有し、初めてのフロッピードライブはTF-10(FM用)であり、プリンター(機種名は失 ... [続きを読む]

最新のトラックバック

トラックバック一覧