カレンダー

« 2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
RSS FEED

« 「meet up!」のWEBページができました | メイン | フォトグラファーズレポート ~姫野希美さん~ »

2013年12月20日 | Posted by ギャラリーチーム

エプサイトギャラリー 大塚義孝写真展「駅守猫 ~工場街の無人駅で~」

こんにちは、ギャラリーチームです。
今回は、大塚義孝さんの写真展「駅守猫 ~工場街の無人駅で~」を紹介します。


大塚さんの写真歴4年というプロフィールにびっくりしました。
猫の表情が良い、場面が良いんです。
猫の一瞬の表情からその全体をとらえた風景や場面など、優しさであったり日常の感覚であったり、自然とあふれ出ている感じがとても素敵なのです。

大塚さんの撮影は朝一番~夕方まで、猫の住んでいる駅に向かい、その撮りたい場面と猫の表情、仕草のイメージを作りながら撮っている写真で、
その瞬間を捉える感覚はとてもすごいと思いました。

大塚さんは会社務めされているのですが、毎週のように、とある駅に通い何百枚、時には何千枚もカットをカメラに収めているそうです。
その中から選び抜いた、選りすぐりのカットをきちんとプリントして作品を作り続ける中、モニターで見ていていいなあと思ってもプリントするといまいちと
いう時もあるそうですが
その逆にプリントして、より写真の良さが分かりそして伝えられるのが、作品づくりの魅力ですと話してくれました。

カメラはほぼ1台で、レンズを数種類持ち歩き、ここぞの場面でレンズを交換して撮っているそうです。そんな時は「猫に腕を試されているようなんです。」
と語る大塚さんですが、子供のころから猫と一緒に暮らしている生活があったということがこのような写真が撮れるようになったのではないかと思いました。

Dscf9327


「モニターで見ているより、プリントした方が、猫が生き生きしているんですよ。」と笑顔でお話ししてくれた大塚さん。

 

シロと呼ばれる猫やその子供の表情、仕草をぜひ会場に来て見てください。
猫好きの人にはたまらない写真や、電車と猫の組み合わせ、駅を守る猫の姿は普段ではなかなか見られないと思います。
その作品を1枚1枚ゆっくり、そして見返しながら、駅に住み込んでいる猫達のお話を大塚さんに聞いて見るのも面白いですよ。

ぜひ、エプサイトへ足をお運びください。お待ちしています。
(トム)

大塚義孝写真展 「駅守猫 ~工場街の無人駅で~」

大塚さんのHP  http://neco-ideas.cocolog-nifty.com/

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/32061067
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 エプサイトギャラリー 大塚義孝写真展「駅守猫 ~工場街の無人駅で~」:

最新のトラックバック

トラックバック一覧