カレンダー

« 2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
RSS FEED

« 【meet up!ウラ話】ただいま準備中です | メイン | 「エプソンのフォトポータル」がリニューアルしました »

2013年11月08日 | Posted by ギャラリーチーム

エプサイトギャラリー林喜一写真展「癒やしの国 ミャンマー」

こんにちは、ギャラリーチームです。
今回は、林喜一さんの写真展「癒やしの国 ミャンマー」を紹介します。


世界各国を巡って写真を撮っている林さんですが、今回はミャンマーです。
ミャンマーへは季節を変えて3回にわたり訪問し、時間の許す限り各地を撮り続けた中から厳選し、今回の写真展に臨まれました。
雨季、乾季、暑季と季節の異なる素朴な自然の風景から、若い僧侶の姿、修行生活、また海や川での生活や農村の人たちなど笑顔のとても印象的な写真に癒やされます。まさにタイトルにある「癒やしの国 ミャンマー」ですね。

ミャンマーの人々はカメラを向けても皆、自然な笑顔と親しみをもって接してくれると言う林さんの言葉が印象的でした。写真を通じてそのやさしい気持ちが伝わってくると同時に、生きるための強さやたくましさなど、内面までをも感じさせられる58点の作品が展示されます。この点数はエプサイトでは久しぶりで、見ごたえたっぷりの写真展になっています。
また、ギャラリー外の通路側に面した壁面には3m近いサイズの「マハーガンダーヨン僧院」の作品展示は、迫力があり通りがかる人々の目を引くこと間違い無しです。

Hayashi_blog_2

若い僧侶や子供たちの笑顔が印象的な作品をバックに、早くも次への写真へ意欲的な林さん


用紙にもこだわり、今回はフレスコジクレーを使っています。
林さんは早くからデジタルに取り組み、フォトショップの出始めから使用しているとお聞きしました。写真の画像調整からプリントまですべてご自身で行っていますが、フレスコジクレーは、プリント直後の色合いと1日以上経った後では色合いが変化するので、その時間を置いた状態を想定しながら進めないといけないため大変ご苦労されたそうです。出来上がった作品は、フレスコジグレーの特徴を生かし立体感や奥行き感のある仕上がりになっていて、引きつけられます。そのあたりの調整も長年のご経験からなせる業ではないでしょうか。

なお、今回の写真展期間中では、林さんのトークイベントも開催されます。
11月9日(土)と11月16日(土)の2回、時間はどちらも14:00~15:00、エプサイトギャラリーにて行います。
林さんのお話と、スライドショーでより詳細なお話が伺えます。皆様お誘い合せの上、お越しいただけたら幸いです。
詳しくはサイトをご覧ください。

ぜひ、癒やされにエプサイトへ足をお運びください。お待ちしています。
(トム)

林喜一写真展「癒やしの国 ミャンマー」

林さんのHP  http://www.chuo-fp.com

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/31941521
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 エプサイトギャラリー林喜一写真展「癒やしの国 ミャンマー」:

最新のトラックバック

トラックバック一覧