カレンダー

« 2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
RSS FEED

« エプサイトギャラリー・大野雅人写真展「Shinra」 | メイン | 超広角レンズでちょっと街並みを撮ってみました »

2013年11月26日 | Posted by マスター

【お知らせ】「プリントを楽しむ写真表現セミナー」

ども。マスターです。

昨日、12月開催のmeet up!の作品受付を終了しました。たくさんのお申込みありがとうございました。
今回お申込みされなかった方も、ビューイングやセミナーの見学は自由ですので、ぜひ会場にいらしてくださいね!


ところで、最近は写真展に出かけるといろんな用紙の作品を目にするようになりました。
(職業病のようなもので、何の紙がつかわれてるのかというのは結構チェックしちゃうわけです)
いつの間にか新しい紙が発売になっていたり、雑誌で紙の特集が組まれることも増えたような・・・。
わたしのセミナーでも、どうやって自分の作品にあった用紙を見つけるか、使いこなすか、というご質問もよく聞くようになり、「紙を選ぶ」ということがプリント制作であたりまえのフローとして定着しつつあるんだなぁと実感しています。

さて、いろんな用紙の使いこなしといえば、フクのとき、それからけんたむのときにもフォトグラファーズレポートにご登場いただいたプリンターの小島勉さんが有名ですね。レポートでは、文化財複製のような想像もつかない世界のお話から、プリント設定どうしてるんですか?というお話まで、いま振り返っても面白いお話をしてくださっていました。


↓ フク取材時の小島さん
Kojimasan1


↓ けんたむ取材のとき。懐かしいPX-5800の姿もみえます(見た目は5002と変わりませんが)。2009年ですか・・・
Kojimasan2

そんな用紙使いの小島さんが12月にセミナーをされるそうですのでお知らせを。
主催は、月光(GEKKO)シリーズなどで有名なピクトリコさんです。

株式会社ピクトリコ主催 用紙選びと用紙にあったレタッチを学ぶ
「プリントを楽しむ写真表現セミナー」

内容は、「用紙選び」「レタッチ」「カラーマネージメント」とのこと。
どの用紙が自分の作品に合うか、というのは、結局のところ「自分で試して決めるしかない」と思っているのですが、そのための知識とヒントが得られるセミナーだと思います。
参加者の方には、自分の画像にあった用紙を選んでPX-5Vでプリント&プレゼントしてもらえるそうで、これも自分の写真が他の人の目にはどんな風に見られているのかがわかる面白い企画ですね!

お申込みは先着順とのことですので、ご希望の方はお早めに!
詳細・お申し込みはこちらからどうぞ~

============================
株式会社ピクトリコ 主催
「プリントを楽しむ写真表現セミナー」

日程  :2013年12月14日(土) 13:00-17:30
場所  :株式会社ピクトリコ
      〒130-0026
      東京都墨田区両国2-10-14 両国シティコア11F
定員  :50名(先着順)
参加費:4,000円(税込)
============================

でわでわ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/31971705
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 【お知らせ】「プリントを楽しむ写真表現セミナー」:

最新のトラックバック

トラックバック一覧