カレンダー

« 2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
RSS FEED

« エプサイト特別講座「モニターとプリントのカラーマッチング」のご案内 | メイン | フォトグラファーズレポート ~柿島貴志さん~ »

2013年02月26日 | Posted by けんたむ

ファインアート紙を使いこなす一番の近道は失敗です。その1

みなさん、こんにちは。けんたむです。

2 先日より募集をかけた「フレスコジクレー 体験モニターキャンペーン」ですが、皆さんの体験記が少しずつアップされているようですね。さて、そんな私も、プロジェクター担当となってからは新たな用紙を試す機会も少なくなり、ほとんど光沢紙で出力する味気のない時間を送っていました。この週末に少しだけ出力してみましたので、簡単なお話

実は先のCP+のトクヤマさんのブースで初めてフレスコジクレーを見て「おお!」と思い、それから少しずつ情報を収集しておりました。商品にはType RとType Sの2つの種類があるとのこと。実際に2つ見比べてみると、前者は肉眼でも確認出来るエンボスがあり、奥行きを見せられるのが得意な感じ後者はほとんど見えないエンボストーンの良さを強調するが良さそうです。

しかし、このブログの読者の方にも普段は光沢紙で思うがままにプリントできていても、ファインアート紙を試しに出力しても「何だこれ、綺麗にでないじゃないか」と悩まれている方も多いと思います。「光沢紙の何倍もの価格がするのに損したー」など聞く事もしばしば

ファインアート紙を使いこなすには「光沢紙とファインアート紙は耐え得る最大濃度が全く異なることを理解し、何度もプリントしてコツを掴む」ということだと私自身は思っております。

つまり、光沢紙で「この暗部の消え方、階調の繋がりが最高だ!」と思っていても、ファインアート紙では表現出来る暗部が光沢紙よりも狭いので、「あれ?暗部がブッつぶれじゃん!モニターでは見えているのになんで?」とうまく行かない事がしばしば。プロファイルなどを作成してプリントするにも限界があり、こればかりは画像を調整してプリントするしかありません。

それを理解するのに三菱電機さんのサイトで見て頂いた方がわかりやいです。非常に分かりやすく説明しています。

こちらのページを見てみると、光沢紙の階調のトーンカーブはリニアに線を描いているのに、ファインアート紙では黒がやや上に浮いた所から明部に線が伸びています。ここで気づく方も多いと思いますが、ファインアート紙で綺麗に暗部を出すには、通常のディスプレで一生懸命レタッチしていても無駄で、想像しながら調整するしかないのです。「だからプロファイルがあるじゃないか」という話に行き着くと思いますが、やはりディスプレ上できちんと確認して出力したいというのが本音です。三菱電機さんはそんな問題を解決するためにトーンカーブエディターという、ディスプレの見栄えとプリントの見栄えを近くする階調シミュレーションを開発されたのです。

では、そのディスプレが無い方はどうすればいいか。冷たい言い方ですが、失敗してトライする他ありません。それか無難な階調(暗部がない)を選んでプリントして、消耗品をセーブするのも一つの手でしょう。しかしながら、ファインアート紙の醍醐味は暗部から明部まで破綻の無い美しいトーンのプリント。ファインアート紙の出来映えの是非はは階調で決まるのです。素敵なプリントに出会うと「おおおお!どうやって出力したんです?」寄ることしばしです

さて、今回のエントリーは攻撃的なタイトルとなってしまいましたが、皆さんもプリントの最高峰であるファインアート紙を使いこなしてみませんか?

そして、そんな中、フクより追加応募のエントリーもさせて頂いております「用紙体験モニターキャンペーン」ですが、2月24日(日)で追加募集を締め切らせて頂きました。以下、フクからのコメントです↓

=======================

フクです。

数名様分で追加募集をかけさせて頂いた「用紙体験モニターキャンペーン」、皆さまご応募ありがとうございました。

結果、当初予定しておりました人数ををこえるご応募を頂戴しました。応募期間が短かったんだな・・・と、改めて反省致しました。連載企画として予定しておりますので、次回の用紙体験モニターキャンペーンの際は応募期間にもう少し余裕を設けさせて頂きます。そういったこともありまして、今回はモニター頂くブロガー様の枠も多少増やして実施させて頂きます。当選の発表に関しましては、これまで同様、用紙の発送をもってかえさせて頂きますので、追加期間に応募頂いた皆様は到着を楽しみにお待ち下さい!

皆さまに合わせて、けんたむ先輩もフレスコジクレーの使用感を継続エントリーしてくれそうですので(!?)、こちらもお楽しみに!

=======================

ではでは。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/31085707
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 ファインアート紙を使いこなす一番の近道は失敗です。その1:

» 「ファインアート紙を使いこなす一番の近道は失敗です。その1」 トラックバック デジタル一眼レフカメラ入門
フレスコジクレーへのプリント方法が大体分かったところで作業?が 中断しています。... [続きを読む]

» フレスコジグレー プリント トラックバック FUN ZUIKO
・・エプソンプロセレクションブログで当選したフレスコジグレーでプリントしてみまし [続きを読む]

» PX-7VでフレスコジクレーA3ノビにプリント トラックバック デジタル一眼レフカメラ入門
A3ノビの用紙に直接プリントするのは初体験です。 モノクロとカラーと1枚ずつプリ... [続きを読む]

» フレスコジクレーとPX-7V 防備録1 トラックバック 記憶のシャッター
・PX-7VとMacOSX環境の組み合わせでは、ブルーインクとマットブラックインクの切り替え時、システム環境設定でプリンタ設定を一度消去し、再設定しないといけない。そうしないと、マットブラックインクを使用するアートペーパー系の用紙選択ができない。※これはドライバの仕様なのかバグなのかわからないが、インク交換の度に設定が出てこなくて毎回焦る。何とか自動で切り替わるようになって欲しい。エプソンさん、お願いします。・ PX-7Vでアートペーパーを利用する場合は背面手差し印刷が必要になるが、背面手差し用のア... [続きを読む]

» プリントテスト:その2 トラックバック オリンパスPEN(E-P3)で撮るポートレート(スナップ)
こんにちは、MOMO1993です。 さてさてフレスコレクジーのプリントテストを始めました。 https://proselection.lekumo.biz/epson_proselection_blog/2013/02/post-f305.html 色々なところで事前情報を収集した結果、手袋と刷毛を買いそろえました。百均で! ですが、紙が湿っている感じとか、粉が浮いているということは今のところあまりないようです。 テストの途中からマットブラックが目詰まりをおこしてさんざん... [続きを読む]

» フレスコジクレーとPX-7V 色再現 トラックバック 記憶のシャッター
フレスコジクレーでプリントして34時間経過しました。プリント直後に感じた緑色のカブリについて、再度検証してみました。結果、、、やはり緑色のカブリが強いです。Webで色の違いを掲載しても、見ている方のモニタ環境によって全く見え方が異なるので意味がないことはわかっているのですが、パソコン上でプリント結果を反映したような感じで再現をしてみましたので、参考のためにのせておきます。木の色、トタンの色のあたりのカブリが特に顕著に見えますので、切り出してみました。        ↑こちらが、モニタで見える色。  ... [続きを読む]

» 漆喰用紙GET! トラックバック PHOTOMO
実家の部屋壁が漆喰だったり、フレスコ画を見たりと、個人的には割と身近な存在の漆喰が株式会社トクヤマさんの技術で印刷用紙になったらしい。そんな用紙を、EPSONさんが体験モニターキャンペーンを企画され、使ってみたかった用紙だったので応募しておりましたら、ありがたいことにGETできました。... [続きを読む]

» EPSON、「フレスコジクレー」用紙体験モニターキャンペーン、その2。 トラックバック 晴れ 時々 日記 2
プリント報告です。 「エプソン・プロセレクション・ブログ」の記事を読み、「ファインアート紙の使い方のコツ」をなんとなく心得たつもりですが、「まずは、プリントしてみなきゃわからない!」って感じで、いつものやり方でプリントしました。まずは「フレスコジクレー」の用紙の取扱いに(空気に長い間触れさせてはいけない・手袋をして作業・刷毛で用紙をはらうなどなど)注意して、EPSONさんの〈PX-5600〉で〈Photoshop CS3〉にてプリントしました。 設定は、 カラー処理:プリン... [続きを読む]

» フレスコジクレーでプリント 1 トラックバック Monochrome Passage
毎日おじゃましているBLOGに紹介があり、ダメ元と申し込んだフレスコジクレーのモニターが当選しました。 ファインアート紙は、以前使ってみたことがありますが、思うようにはプリントできず、むずかしいなあと断念 しました。今回は願ってもないリベンジ! と意気込んだものの、さて何をプリントしようか・・・。 普段撮っているのは動きもの、しかも激しいものなので、写りでみるとこれといったものがありません(まあ、 腕の問題なのでしかたないのですが)。だいぶ悩みましたが、ようやく、5枚ほど選んで、プリント開始... [続きを読む]

» 白黒も良い トラックバック PHOTOMO
EPSONさんちのモニター体験、印刷したものを送らねばならないが、何を送ろうかなぁ〜と未だに決められず、あれも印刷、これも印刷と印刷遊びに夢中。モニタでデータを見るのも良いけれど、私は、写真を印刷するのが好きだなぁ〜... [続きを読む]

» A3ノビ☆プリント完成 トラックバック サブブログ
 ねむねむねむ~ 明日… 提出しないと… 間に合わない… 印刷過程はのちほど…  そだそだ 約5年前のインク…まだ使えたぞ! ただ、今後の品質が…わかりませんが。。。^^; 普通紙は~ マットブラック~★ ... [続きを読む]

» やっとこ完成 トラックバック PHOTOMO
EPSONのブログ事務局に送る写真、やっとこさ印刷。日中のやわらかい日差しとスモークを見てみたくてType Sに印刷。 [続きを読む]

» 【機材】フレスコジクレー(プリント編) トラックバック ふぐり日記
 エプソンからモニターとしていただいたフレスコジクレー。テストプリントにようやく挑戦してみました。 同封されていた取扱説明書によると、・アルカリ性の漆喰による手荒れを防ぐために手袋を着用する・空気中...... [続きを読む]

最新のトラックバック

トラックバック一覧