カレンダー

« 2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS FEED

« 「それいけ!写真隊」埼玉県・静岡県・岡山県・宮城県に参ります! | メイン | エプサイトギャラリー・巽寿一写真展「二都物語 イエメン・エチオピアの人々」 »

2012年12月11日 | Posted by マスター

用紙紹介「フレスコジクレー」プリント実践編

ども。マスターです。

プリント系のネタは随分とご無沙汰しておりますが、以前の記事「フレスコジクレー」や「フレスコジクレー プリント準備編」をみて実際にフレスコにプリントしてみたよ、という方はいらっしゃるでしょうか?私が試した感じですと、少々取り扱いにクセがあるかな、という印象でしたがみなさんはいかがでしょう。

クセがあるとはいえ、魅力的な仕上がりを得るためには作業に少々の手間はつきものですよね。フレスコジクレー自体はエプソン動作を保証しているものではありませんが、わたくしマスターの感じたプリント時のポイントを幾つか挙げてみましたので、これから試してみるという方は参考にしてみてください。


1.本番プリントに入る前に

フレスコジクレーは1枚がいいお値段ですし何度もプリントし直すのは時間ももったいないので、私はエプソンの「フォトマット紙/顔料専用」でまずテストプリントをするようにしています。出力傾向が比較的近く値段も手ごろですので、まずはこの用紙で色の傾向を確認してから本番プリント、といった流れで作業してみるのもおすすめですよ。


2.反りに注意!

Paper_5


色々な用紙をお使いになる方はよくご存知だと思いますが、フレスコジクレーに限らず、メディアの種類や保管状態によってはプリント前から用紙が反ってしまっている場合があります。

←パッケージから出して数十分、プリントせずに放置してみたフレスコジクレー(手前)。
  シートの端がゆっくりと内側に丸まってゆき、比較のために用意した奥のエプソン純正紙と比べるとわずかに反っているのがわかります。

反ったままの状態でプリントすると汚れや傷の原因になりかねませんし、PX-5Vの前面手差し給紙ではトレイの奥に用紙がぶつかってしまい、うまく給紙できない場合もあります。こういう時は無理やり給紙させずに、軽くしごくようにして反りを抑えるようにするとよいと思います。






3.ドライバー設定は「UltraSmooth Fine Art Paper」

プリンタードライバーの用紙設定は「UltraSmooth Fine Art Paper」が推奨されています。Windowsの場合ですと設定はこんな感じ。

Driver_2


←PX-5Vのプリンタードライバーの場合
インク:「マットブラック」
用紙種類:「UltraSmooth Fine Art Paper」
給紙方法:「前面手差し(ファインアート)」
※PX-5600、PX-5002の場合は「リア手差し」を選択します。



設定操作に迷った時はこちらのエプソンのWEBサイトが参考になりますよ。

●PX-5600のフォトブラック/マットブラック差し替えについては、インクカートリッジの交換手順プリンタードライバーのインク情報の確認/更新手順を。
●給紙方法がやっぱりピンとこない、という方は前回の私の記事を。
●「色補正」などのドライバーやアプリケーションソフトの設定に自信がない方は極める!プリントテクニックがオススメです。




4.パッケージからの取り出しは一枚ずつ!

さきほどの反り対策の一つとして、私マスターの場合は、プリンタードライバーの設定を済ませて「あとはプリントボタンを押すだけ」の状態にしてから、用紙をセットするようにしています。
漆喰の硬化自体はゆっくり進行するため、シートを取り出す際のチャックの開け閉め程度の開封時間は気にしなくてもよいようですが、パッケージを開けっ放しで長期間放置してしまうと、漆喰が硬化し滲みが発生してしまうこともあるそうなのでご注意を!チャックが閉まっているかどうかは必ず目視で確認しましょう!

ではでは。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/29931027
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 用紙紹介「フレスコジクレー」プリント実践編:

最新のトラックバック

トラックバック一覧