カレンダー

« 2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS FEED

« 用紙紹介「フレスコジクレー」プリント実践編 | メイン | EPSON Print Plug-inがバージョンアップします! »

2012年12月14日 | Posted by CPMD

エプサイトギャラリー・巽寿一写真展「二都物語 イエメン・エチオピアの人々」

こんにちは、ギャラリーチームです。

今回は、巽寿一(たつみ・じゅいち)さんの約3年ぶりとなる個展をご紹介します。

皆さんは、イエメンとエチオピアの位置関係を直ぐにイメージできるでしょうか?
改めて世界地図で確認すると、紅海を挟んで隣合わせと言っていいほどの近い国、それも旧約聖書に登場するシバの女王に因んだ二つの国なのです。

巽さん「世界文化遺産を巡る旅をするにあたり、まず有名所から見始めたのですが、“イエメンが面白いらしい”という情報を聞き、2008年に訪れました。
有名なシバの女王が君臨したと伝承されているシバ王国をルーツとし、海のシルクロードの重要拠点としても栄えた国です。
一方、エチオピアも、シバの女王とソロモン王との間に生まれたメネリク1世によって建国されたという伝説を持つ国で、6世紀初頭には東ローマ帝国、ペルシャと肩を並べる強大国だったこともある国です。
周辺諸国と違って、まるで島国のように古の文化を守りながら人々は暮らしている。その生活に驚きと興奮を覚えた旅の記録が、今回の写真展です」

Photo
巽さんの右の写真は、2012年に訪れたエチオピアの少女。美しい瞳が印象的です。

展示作品は、エプソンの半切/A2対応プリンターPX-5002によるプリントで構成され、オフホワイトのオーバーマットにシルバー色の額を合わせるオーソドックスな額装が、36点という多めな作品点数ながら窮屈さを全く感じさせない空間作りに繋がっています。
また、展示の高さを若干低めにしているのも、作品を観る人の気持ちを和らげる効果を発揮し、巽さんの優しさを感じさせます。
今回が2回目の個展ということですが、巽さん、細かな点も含めよぉ~く考えられていますね。

巽さん「この人たちは、何ゆえにそこまで古の文化を固持して暮らしているのか?という疑問と同時に、楽しく生活している姿から人間本来の幸せや、自然と共存しなければならない人間の有りようまで考えさせられました」

皆さん、エプサイトギャラリーまで是非お運びください。
(ギャラックマ)

エプサイトギャラリー・巽寿一写真展「二都物語 イエメン・エチオピアの人々」

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/30589261
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 エプサイトギャラリー・巽寿一写真展「二都物語 イエメン・エチオピアの人々」:

最新のトラックバック

トラックバック一覧