カレンダー

« 2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
RSS FEED

« いよいよCP+まで一週間! | メイン | フォトストレージビューアーの思い出 »

2012年02月03日 | Posted by ギャラジー

エプサイトギャラリー・阿部高嗣写真展「しまなみライフ」

こんにちは、ギャラジーです。
今回は、2011年に写真集「しまなみライフ」を出版した阿部高嗣さんの初写真展をご紹介します。
Dsc_7805

▲手作りのタイトル看板

写真集「しまなみライフ」は、ひとことで言うとプライベートな家族写真そのものでありながら、古き良き時代の原風景としての普遍性をも持ち合わせた、稀有な写真集でした。
では、それを写真展として展観する場合、この作者はどこに重点を置いたのでしょうか。

阿部氏「初めて見た写真展は、星野俊光さんの「東京湾岸の猫たち」でした。大判サイズのプリントを通して猫たちの生き様がわーっと迫ってきて、圧巻でした。それからです、自分も写真展をやってみたいと思い始めたのは」

今回、阿部さんが選択したのは、アワガミファクトリーの耳付き手漉き和紙・びざんです。ご自身の所有する大判プリンターPX-H7000を駆使して丁寧に作られたプリントは、和紙らしい柔らかな、絵画調とも言える仕上がりでありながら、色も諧調もしっかり出ています。


阿部氏「インクジェットプリンターで和紙にもプリント出来るなんて、全然知りませんでした。試してみて、自分で写真展をやるにはこれしかない、と思いました。イメージとしては、いわさきちひろさんの色合いを意識していました。少しは近づけられたんじゃないでしょうか」

和紙の耳を生かした展示額装となっているため、写真の縁取りにも柔らみがあり、画面から吹いてくる瀬戸内の風が、和紙の耳を揺らしながら抜けていくような、そんな動きを感じさせます。

Dsc_7777_3 
▲和紙の耳から、被写体に注がれた愛情がこぼれ出てきます

写真集「しまなみライフ」が、手に取ることで見る人を幸せにしたとしたならば、写真展「しまなみライフ」は、その幸せの空気感まで体感させてくれるものと思います。
是非、足を運んでください。


阿部高嗣写真展 「しまなみライフ」
2012年2月3日(金)~2月16日(木)
10:30~18:00(最終日は15:00まで)
日曜日休館 入場無料
エプソンイメージングギャラリーエプサイト

Dsc_7763
▲展示完成。1年の2/3は海上で過ごす船長さんである阿部さんは、陸にいる貴重な時間の中から展示期間の2週間は在廊いただける予定です

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/27878099
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 エプサイトギャラリー・阿部高嗣写真展「しまなみライフ」:

» しまなみライフ トラックバック 今治バリバリリンク集
阿部高嗣 しまなみライフ しまなみライフ ブログ2/3〜16 新宿三井ビル1階 エプサイト 阿部高嗣写真展 エプサイトギャラリー・阿部高嗣写真展「しまなみライフ」 Epson Proselection Blog 阿部 高嗣さん「しまなみライフ」写真作品展の様子 アワガミファクトリーだより山岡 【送料無料選択可!】しまなみライフ 船長が撮るふるさとの子どもたち (単行本・ムック) / 阿部...価格:1,575円(税込、送料別)うれしいお知らせ。 タクマ クニヒロ 船長が撮る ... [続きを読む]

最新のトラックバック

トラックバック一覧