カレンダー

« 2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
RSS FEED

« CP+は2日目へ! | メイン | CP+でのマスターのレタッチセミナー! »

2012年02月13日 | Posted by フク

CP+は大盛況のうちに終了しました!

みなさんこんにちは、フクです。

CP+は昨日、大盛況のうちに幕を落としました。設営から最終日まで、10日(金)以外はアテンドしておりましたが、毎日本当に時間が経つのがあっとゆーまで、気付いたら夕方・・・あぁまだお昼にいけてないや・・・っという程、多くのお客様にEPSONブースにもご来場頂けました。ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました!

11日(土)、12日(日)の様子をざざざーっとダイジェストのようにお知らせさせて頂きます。

まずは各種セミナーの様子を↓

Cp1

▲吉田繁さんのセミナー。自身の作品の表現の目標値を設定した上で、撮影からプリントまでの工程を作業することの大切さをお話されておりました。「撮影の時点でプリントする用紙の地色、白色度を意識しているかどうか?」ん~・・・作品創りへの意識の高さをビシビシ感じました。他にもEPSONの純正紙以外の用紙も含めた用紙選びによる作風・表現の違いもサンプルを披露しながら説明していました。

Cp2

▲三井公一さんのセミナー。「世界で最も多く使われているカメラがiPhoneである。」「コンパクトデジカメはこのままではiPhoneに駆逐されてしまうかも!?」と、利便性や携帯性のよさ、アプリによる手軽な加工、またカメラの制約から、構図、ピント、露出をしっかりと意識するようになることによる撮影スキルの向上をお話されていました。わたくしフクも最近、このブログでUPしているのはほとんどがIPhoneで撮影しているもの。状況に合わせたカメラの選択と活用が、新しい写真の楽しみに繋がるかもしれませんね。

Cp3

▲saorinさんのミニセミナー。プリンターをお洒落に活用。写真を使った様々な雑貨やフォトブック、インテリア小物の展示を紹介しながらのトークショウ。自分の写真をただプリントするだけでなく、雑貨として変身させるテクニックを披露。いや~、正直わたくしにはこのようなお洒落な発想と物作りとは縁遠いと思ってましたが、これを聞いて、ちょっとやってみようかな、と思わされました!センスが問われますが・・・!?

Cp4

▲フク個人的にも楽しみにしていたセミナーのひとつ。浅田政志さんのセミナー。写真を通した家族との繋がり、なんだか、2011年に色々な事があったこともあり、なんだかグッとくるものもありました。家族の本当の笑顔の一瞬を引き出す難しさと面白さを、自身の作品を披露しながらお話されていました。

Cp5

▲柿島貴志さんの額装のセミナー。やっぱり写真はプリントしておしまいではなく、飾ってあげる事で周りを彩り、その作品自身の顔も変わってきますよね!?我々EPSONとしてもまだまだプリントした後にどうするか・・・という部分は提案しきれていないと反省しておりますので、柿島さんのお話し頂いた内容は我々も今後皆さんに訴えかけていかなければならないと思いました。

Cp6

▲村上千恵さん、杉原寛明さん、速水惟広さんのセミナー。御苗場への出展をきっかけに成功を手に収めた写真家のお二人に、自身の活動の紹介と、作品制作の中でのプリントの大切さについてのお話を披露されていました。「写真はプリントしないと上手くならない」これは多くの写真家さんが口を揃えて仰る事ですね!モニター上で見ていると意外と大丈夫そうに見えても、プリントするとピンがきていなかったり構図がもう一歩だったり・・・気付くことが多くあると思います。

続いて、EPSONブースのご紹介↓

Cp7

▲まずはメインビジュアル。PX-5V、PX-7V、EP-4004の三兄弟を印象的に展示。それぞれ商品の特徴を「精緻」「深青」「艶彩」という造語で表現してみました!

Cp8

▲三兄弟のそれぞれの特徴を説明するコーナーや・・・

Cp9

▲三機種の画質比較のコーナーもご用意。

Cp10

▲純正用紙の比較コーナーや・・・

Cp15

▲各用紙メーカーさんの用紙でプリントした作風の広がりもご紹介。特に、このブログでも何度か紹介させて頂きましたが、フレスコ・ジクレーはかなりの評判でした。EPSONブース以外にも、トクヤマさんのブースでフレスコ・ジクレー×竹内敏信さんの作品展示をしており、そちらもかなりの大盛況だったようです!対応プリンターは今のところEPSONのK3インクシリーズのみ。それ以外のプリンターで印刷すると滲んで色が定着しません。トクヤマさんのブースや他社さんのブースにもかなり問い合わせがあったようでした!?

最後にブースへの来場者をご紹介↓

Cp13

▲なんと、エプソンフォトグランプリで審査員も務めて頂いた三好和義さんがご来場。わたくしフクもビックリしました~(汗)和紙プリントの前でパチリ。三好先生、撮影のご協力ありがとうございました!

Cp14

▲続いて中井精也さんをパチリ。最近ご愛用頂いているPX-5600がちょっと調子が悪いとか・・・スミマセン。PX-5VかPX-5002のご購入を検討されているということ。是非是非、宜しくお願いします!何かあればお声がけ下さい!「PX-5002の後継なんて、すぐ出たりしないですよね~?」っと探りのご質問も(笑)

Cp11

▲最後は来場者・・・ではないですが、PX-5Vの商品企画のリーダー、セイコーエプソンの大川先輩。発表から1年、既に多くのお客様に使用頂いており、またこれから購入を検討するという方も多くいらっしゃり、商品企画冥利に尽きるアテンドだったんではないかと思います。大川さん、次期商品の検討、お客様から頂いた“声”を元に頑張って考えていきましょう!

多くの関係者、来場者の皆さんのご協力で無事CP+を終えることができました。正直、今年はEPSONブースに来て頂けるお客様は少ないんじゃないか・・・とかなり不安に思っていたのですが、色々な意味でなんだか自信を持つことができました!

これからも精進して参りますので、ご指導ご鞭撻の程宜しくお願い致します!!

それではまた、宜しくお願い致します。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/27921567
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 CP+は大盛況のうちに終了しました!:

» 第723回・・・「CP+その1・EPSON-1編」 トラックバック 魂に残るDynamicArtist@菅井 隆行
皆様おはようございます。魂に残るDynamicArtist@菅井 隆行です。会場入りしたら最初に来たところはEPSONのコーナー。ブースには小規模ながらもステージがあり、そこでちょっとしたセミナーや紹介をするわけだが、スケジュールの内容でいきなり吉田繁さんによる「表現の目標値を... [続きを読む]

» i1Profilerをさっそく試すと トラックバック 記憶のシャッター
さっそく、スキャナプロファイルを作成し直し、EPSON標準プロファイル(自動補正)と比べてみました。今回はポジフィルムからのスキャンです。まず、EPSON標準の自動補正による取り込み。次に、新しくi1Profilerにて作成したプロファイルでのでの取り込み。エプソン標準ではビルの壁や空の色で赤みがかなり強く出ています。一方新しいプロファイルでは壁が緑に振れています。ライトボックスで見たポジフィルムと比べてみると、新しいプロファイルの方により近い色となっています。カラーバランスは、新しいプロファイルの... [続きを読む]

最新のトラックバック

トラックバック一覧