カレンダー

« 2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
RSS FEED

« それいけ!写真隊in甲府 開催してきました | メイン | PX-5VとPX-7Vは、比べ・・・。 »

2011年11月15日 | Posted by けんたむ

PX-5VとPX-7Vを比べ・・ますか。

けんたむです。こんにちは。

かれこれ2ヶ月前のエントリー以来となり、ご無沙汰をしております。その間、私が所属する映像関連部署では、メガネ型のシースルーモバイルビューアーをリリースするなど、新商品が目白押しでした。最初、プロ・写真愛好家向け商品しか担当した事無い私にとって「やっていけなかったりして〜〜」なんて思っていましたが、こんな面白い商品を考える部署に異動できて、今は充実した毎日を過ごしております。

1_2 さて、その2ヶ月前のエントリーは、いささか物議を醸した?内容だったようで。ブロガーさんの他、私のリアル世界の友人には、「PX−5Vと7Vは比べられないだと・・(笑)、客はそこ一番気にしているのをお前は分かっていない、比べないのはメーカー目線だ、勝手だ、何がお客様の声を商品にだ!」等とお叱りを受けた次第です・・はああ。。てことで、180度言っている内容を翻して、5Vと7Vを少しだけ比べてみましょうかね。

◆久々、撮影に

日曜は晴天に恵まれました。記憶が確かであればおよそ一ヶ月ぶりの週末晴天です。その日は、お風邪を召されて入院中の天皇陛下のご名代として皇太子殿下が甲府までご公務に向かわれるということで、そのお召し列車を撮影しに中央本線まで行ってきました。運転区間は東京から甲府まで。西に向かって午前中運転ということは、自ずと正面に陽が回らず、光線状態が悪いのが想像できます。

Dsc_46772r しかしそこで妥協してはなりません。せっかくの日本国旗付きですので、Google MAPで事前に予習しておいて気になるポイントをピックアップし、早めに現地入りしてロケハンを開始。望み通りのアウトカーブに三脚を据えることができました。応援で警備に当たっていた京都府警のお巡りさんに撮影の許可を得て、談笑しながら列車を待ちます。飛行機好きの方なら、政府専用機かアメリカ合衆国のエアフォースワンが来る気分でしょうか(違ったらごめんなさい)、緊張感漂う中で真打ち登場。同行の諸志と無事撮影する事ができました。

さ、帰ったら勿論画像処理とPXー5Vでプリントです。

◆PXー5Vと7Vを比較します。

前置きが長い私のエントリー。「いい加減、鉄ネタばかり書くのやめたら(笑)?」と知人からは指摘されてますが、自分の好きな事・分かる事を書いてからでないと、ブログの筆が進まないというのは4年やってきた感触の一つですのでそこはお許しくださいませ。

さて、本題。5Vは文句無しの色合い。難しいエンジ色(なんて表現すればいいのでしょうか)も色転びなく、再現。しかし一点、この写真において一番大事なところが最終的に満足する事ができませんでした。そのポイントは「日の丸」です。写真右側の「日の丸」の白部分はR,G,B=255.255.255と完全にぶっ飛んでおり、撮影時にも防ぎようがありません。恐れ多くもこの日の丸に対してPhotoshopでマスク処理して明るさを抑えてみたものの、不自然なグレー色となってしまい、何とも・・・。更には設計の大川先輩より「白地にかぶり効果を加えてみては?」と内線でアドバイスを受けるも、それじゃあやっぱりグレーなんですよねええええと解決せず。肝心要の「日の丸」部分が見方によっては凸凹に見えてしまいます。ううう。。

Icgl66_640_480_2 その点、7Vはグロスオプティマイザーが塗布されますので、白飛び部分にも光沢が敷かれ、気になりません。いいじゃないか7V!いい仕事だ!んん、、、けどこれって、紙の地色に透明インク塗っているだけで、今回使用した写真用紙光沢のやや青っぽい白に光沢塗ってるに過ぎず、「白」を表現している訳じゃないじゃんと(笑)

そんな中、皆さんから頂いたトラックバックの中で、早稲田摂陵写真部さんの公式ブログでハッとさせられるエントリーがございましたのでご紹介したいと思います。そのブログから引用すると、「急に気になったのが白の発色。というより、プリンタによる発色は減法混色によるものだから、Y(イエロー)M(マゼンダ)C(シアン)(→色の三原色)その他諸々のインクを混ぜても白色にはならない。色が全て重なったところが白くなるのは光の三原色(RGB)である。だから、白色の部分は実はインクの色ではなく、プリントするペーパーの色なのである」

仰るとおり。基本的な事を分かりやすく書かれていて改めて勉強になりました。グロスオプティマイザは、我々とて「透明インク」と評しておりますが、光沢を演出する為のインクであり、決して「白」を表現する事ができません。

◆紙の地色とグロスオプティマイザ

グロスオプティマイザはhanchanーJPさんも書かれている通り、透明というよりやや青く見えるのです。光の反射により赤の波長がカットされ、青っぽく見えるのでは?という社内の俗説に過ぎませんが、やはり透明インクに違いはありません。

紙の地色に左右されない、純粋な白を表現出来る「白インク」、欲しいなーと思った一日でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/27440777
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 PX-5VとPX-7Vを比べ・・ますか。:

» これはびっくり! トラックバック 早稲田摂陵写真部ブログ
 オーストラリアから久しぶりにエプソンプロセレクションブログを開いてみると、」これはびっくり。以前に私が書いた記事が紹介されていました。  このブログは基本的に本校写真部員、またはその予備軍に対して書いているつもりのブログなので、初歩的な...... [続きを読む]

最新のトラックバック

トラックバック一覧