カレンダー

« 2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS FEED

« それいけ!写真隊が松本にいってきました | メイン | エプソンフォトグランプリ まだまだご応募受付中です! »

2011年10月25日 | Posted by フク

リビングフォトセミナーにご協力してきました

みなさんこんにちは、フクです。

昨日「それいけ!写真隊in松本」のレポートをあげさせて頂きましたが、実はその前日、10月21日(金)に松本市内のホテルアルモニービアンにて開催されました、今道しげみ先生の「リビングフォト プリントセミナーin松本」のお手伝いさせて頂きました。

EpsonProselectionシリーズのマーケティング担当であり、且つ、Colorioシリーズのマーケティング担当でもあるわたくしフクも、会場へ伺いお手伝いをしてきました。今回はColorioよりのお話になりますがあしからず。。

2

▲松本城から徒歩二分ほどの立地。このホテルは元々銀行だったそうで、トイレにいく廊下に大きな金庫扉があったりと名残も見せ、さすが歴史的建造物、落ち着いた雰囲気の場所でした。

7

▲会場のホールは非常にセレブな空間・・・わたくしフクみたいな奴がいてもいいのかなぁ(汗)なんて思わせるお洒落な会場で、我らがColorioちゃん達がお客様を待ち受けております。

今道先生からはかれこれ数年前から「白くて四角いプリンターが欲しいのよ~」と要望いただいており、去年念願のカラバリモデルを発売し、市場でも受け入れられ販売も好調だったことから、「私のおかげよ!」なんてお言葉を頂戴しました(笑)

6

▲講師席には今年の新商品、EP-804ARを。先生の作品達に並べて頂けて光栄で御座います。

今道先生は、デジタル一眼が男性のものという印象が強かった時代から、「女性だってキレイな写真を撮りたい」「でもデジ一を持ち歩くのはちょっと重い・・・」ということから、家の中で写真を撮影し作品を作る『リビングフォト』というものを提唱し始め、女性を中心に根強いファンがいらっしゃいます。わたくしフクも当日も30名の女性の皆様に囲まれ、汗かきかきでプリントのお手伝いをさせて頂きました。

3

▲ご登壇されている今道先生。皆様食い入るようにお話を聞かれておりました。

プリントセミナー内では、E-Photoを使ったちょっと手間を加えるだけでできる簡単でお洒落な作品創りをご紹介。8面カード、8面割付、インデックス等のレイアウトで、明るさ設定を明るめにしてプリントするという一工夫するだけで写真が作品に変わる、そんなポイントをご紹介されていました。特に「メーカーさんには怒られるかもしれないけど(笑)」とフォトマット紙のあえて裏側にプリントすると、印刷面ではないことから印字が薄い印象になり、リビングフォト特有のホワっとしたゆるい感じに仕上がるというコツを披露されておりました。・・・メーカーの人間としてましては「保証外ですので推奨はできません」としか言えませんが(苦笑)

ただ写真を撮るだけではなく、その後の作品としての仕上げ方を意識した上で撮影をすること、

ただプリントするだけではなく、ちょっとした一工夫を加えることで『作品』になること、

被写体と成果物は違えど、写真の世界の基本はやはり一緒なんだなぁと改めて感じさせられたりした一日でした。

セミナー時間も終え、来場者の皆さんと今道先生で被写体としていたスイーツを頂きながらティータイム・・・そんな光景を横目にプリンターをせっせと片付け、そのまま「それいけ!写真隊」in松本会場の搬入へ、力仕事担当のわたくしフクなのでした。。

プリント体験時間には皆さんのお手伝いをさせて頂き、スマートフォンからのプリントも紹介させて頂き、プリントに対して少しでもお手伝いできたのではないかなぁと思っております。

※今道しげみ先生のブログはコチラをご覧下さい

※主宰されたContent Photo Clubのクドウサトコ先生のブログはコチラをご覧下さい

それではまた、宜しくお願い致します。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/27336761
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 リビングフォトセミナーにご協力してきました:

最新のトラックバック

トラックバック一覧