カレンダー

« 2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS FEED

« PXー5V、クリーム色がバッチリと | メイン | それいけ!写真隊 番外編 »

2011年08月18日 | Posted by マスター

セミナーレポート 和紙の写真プリント

ども。マスターです。
暑い日が続きますねー。
熱中症が怖い時期ですので、皆様もお気をつけください。

さて、先日

和紙の写真プリントで涼を贈ろう
場所:TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY

ということで、和紙で写真プリントをおこなうセミナーを実施しました。皆さんは和紙にプリントしたことがありますか?インクジェットプリンターで和紙に簡単に写真がプリントできることで表現の幅が広がります

まずは、アワガミファクトリーさんとアワガミの歴史や和紙原料について、そしてAIJP(アワガミ インクジェットペーパー)の紹介を行いました。

和紙って一言でいっても実は奥が深いです。

和紙の種類としても、楮(こうぞ)、竹和紙、三椏二層紙などいろいろあります。(AIJPシリーズの特徴
選ぶだけで楽しさ倍増です。

実際に和紙の種類や選びかたなどを紹介した後はプリント!

みているだけではわかりません。やはりプリントして自分の写真で試してみないと。

02
PX-5Vを使用してみんなでプリントです。

03_2
和紙には綺麗に裁断された用紙と手作り感のあるミミつきの用紙があります。
プリントサイズを変えるだけで、随分と印象が変わるのがわかります。

04
最後にみんなで好きな種類の和紙をA4でプリントして鑑賞。
皆さんの写真が上手で、和紙の雰囲気にあったプリントが素晴らしかったです。

和紙プリントが初めての方がほとんどでしたが、和紙の味わいや光沢写真用紙と違い、一点モノとしての存在感に感動してくれました。

普段、フォトブラックしか使わないからマットブラックが余ってる!という方も是非、和紙という用紙に触れていただけると表現の幅がひろがると思います。

今回のセミナーの様子は「アワガミファクトリーだより」でも紹介されていますので是非ご覧ください。

でわでわ。

01 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/26917016
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 セミナーレポート 和紙の写真プリント:

最新のトラックバック

トラックバック一覧