カレンダー

« 2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS FEED

« 暗部を潰すか、残すか・・ | メイン | 佐藤俊和写真展「中国的弁法」 »

2010年12月23日 | Posted by けんたむ

PX-5500帰還

こんにちは。けんたむです。

先日のエントリーでお伝えしました、我が家のPX-5500が「部品交換時期だよ~」とアラート表示されたまんま、動かなくなった件ですが、昨日無事修理センターから帰還いたしました。

R0011649_2

▲いつもの場所に無事鎮座。今年の年賀状もどうにか間に合いそうです。

いつも拝見している某ブログ管理者様のPX-5500もスジが出てしまっているようでご迷惑をおかけしました。また某カメラメーカーに勤めている知人も「部品交換時期が来た・・ってアラートが。またかよ?」 とのお声を頂きました。年末は、普段のプリントに加えて年賀状という耐久レースで酷使していただくことになりますので、プリンターも疲労が重なっているのかもしれません・・・。いつもお使いいただき、有難うございます・・。

さて、我が家のPX-5500のエラーメッセージの原因は「廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達したため、エラー表示、動作不可になっていました」と修理報告書には記載が。予想通りです。処置内容として「部品交換、各部調整、機能検査、動作チェックを実施いたしました」とのこと。

T1

▲「お客様のプリンターで印刷しました」とのキャプションが入っているL判写真用紙が添付されておりました。粒状感から見て最高精細モード・短方向出力している感じです。問題ない品質で安心感を覚えます。

何はともあれ年内に帰ってきましたので、週末にでも年賀状印刷に再度勤しみたいと思います。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/25644445
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 PX-5500帰還:

最新のトラックバック

トラックバック一覧