カレンダー

« 2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS FEED

« それいけ!写真隊 in 熊本 ご当地写真のご紹介 | メイン | エプソンフォトグランプリ2010 締切まで1ヶ月! »

2010年11月09日 | Posted by フク

みんなの写真教室。それいけ!写真隊in熊本のご報告

みなさんこんばんわ。フクです。

1 じょじょじょじょじょ、女子高生!?

スミマセン、いきなり取り乱しました。

こちらは「それいけ!写真隊」in熊本会場の一風景、八代白百合学園高等学校 写真部の皆さんです。「それいけ!」が始まってから初ではないでしょうか、写真にアツイ志を持った高校生の写真部の皆さんにおこし頂いたのは。隊員含め、アテンド者全員が何故かかなりキンチョーしてしまいましたが(笑)、それも始めだけ、写真という共通言語があれば自然と会話は生まれたりするものでした。おこし頂き本当にありがとうございました!

さて、「それいけ!写真隊」in熊本のレポートをさせて頂こうと思います。

3_2 (写真は、写真家柳本史歩先生撮影の熊本城。前日夜には美味しい馬刺しとからし蓮根と焼酎を堪能でき、当日は天気もよく気持ちよく会場でお客さまをアテンドさせて頂くことができました。来年もまた熊本の地に立てればいいなぁ、そう強く思った2日間でした)

4 5 ▲(上)どの会場でも非常に人気な大判プリントお試しコーナー(下)マスターと写真家の柳本史歩先生によるファインプリントセミナー。PhotoShopでのマスターおすすめのレタッチの流れを披露しました。

◆11:15からのセミナー

6

今回は、柳本史歩先生とプリ子による、「自宅で素敵な写真を撮る為のポイント」を紹介したセミナーの内容をご報告したいと思います。(写真左奥:柳本史歩さん、写真右:プリ子隊員。実際にカメラの液晶に写る画像をテレビで出力し見ながら進行。ここ1年くらいで徐々に人気が高まってきているセミナーです。)

プリ子:「自宅でお洒落な雰囲気の写真を撮りたいんですけど、なかなか上手く撮れないんですよ~」

7 ▲プリ子がその場でパシャリと撮影した写真

柳本先生:「プリ子隊員の写真は・・・、そうですねー・・・、1.余計な物が写っている2.ブレている3.暗い4.色が変5.構図、の5点が直すポイントですね。」

プリ子:えー、全部じゃないですかー(泣)先生、ポイントを教えて下さい!」

1.余計な物が写っている

プリ子の写真には、確かに窓の外の道路や照明の足が入ってしまっていますね。

そんな時は自作でかんたんスタジオを作ってしまいましょう!

8_2 10

▲ダンボールに布を被せる、ダンボールにアルミホイルを貼り付けるだけで、簡易のセットとレフ板が作れてしまうんです。実際にご自宅にセット、レフ板、スタジオまでを用意したら、高くついてしまいますもんね。ちょっとした工夫で活用できます。

・セットは窓際に置いて、自然光を入れながら、わざと逆光に置きましょう!(明かりが足りない場合は学習机にあるような照明を真上から照らしてカバー)

・フラッシュはたかない

これだけでもだいぶ違うそうです。

2.ブレている

写真がブレてしまう場合は、改めてカメラの持ち方と姿勢を確認しましょう。

11 カメラの持ち方の基本は、左手でカメラを下から支える、右手はシャッターを押すのみで添えるだけ、足は肩幅で安定するように、だそうです。これはカメラを立てて縦位置で撮影する際やコンパクトカメラでも基本は同じ、また、低めの被写体を撮影する時は、前かがみはNG、思い切って膝を着いてしまったり座ってしまったりして、安定感を保つことが大切だそうです。

3.暗い

フラッシュをたかない分、撮影した被写体が暗くなってしまうことがあります。そんな時はカメラの「露出補正」(+-のマーク)を使いましょう。通常カメラはデフォルトの状態では設定は0になっていますので、明るくしたい場合は「+」に、暗くしたい場合は「-」に数値をあげて、好みの明るさを選びましょう。

4.色が変

プリ子の撮影した写真は青かぶりしてしまってますね。こんな時は「ホワイトバランス」(WBのマーク)を調整することで改善できます。ホワイトバランスとはいろいろな撮影条件の下でも正確な色を再現させる為の機能で、晴天、曇り、電球等のアイコンがあります。撮影する状況に応じ、モードを使い分けましょう。この会場のように、太陽光、照明、蛍光灯が混在する場合は、最近のカメラの性能は高いのでAUTOがおすすめだそうです。

5.構図

柳本先生:プリ子隊員はあれもこれも撮ろうとしてしまってますねー」

撮影する場合は、何を見せたいかを決めて(花の色彩なのか、ツヤなのか、質感なのか)、欲張らずにそれだけを撮ることがポイントだそうです。

14 ▲柳本先生がお手本にパチリ。教わった通り、姿勢も安定していますね!

15 ▲柳本先生の撮影した写真がこちら。余計な物も写っておらず、やはり違いますね!

この簡単な5つのポイントを抑えるだけでも、プリ子の悩みは解消されそうですね!

16 セミナー終了後は、会場に用意されたお花やお菓子を、皆さんで自由に撮影して頂き・・・

17 渾身の一枚を、Colorio meでハガキサイズにプリント・・・

18 プリントした作品をギャラリーボードに貼って頂きました。

参加頂いたお客様の作品から、3作品を柳本先生賞ということで先生に選んで頂き、選ばれたお客様には後日EPSONから素敵なプレゼントをお贈りさせて頂きます!

このようなお客様参加型のセミナーは、我々アテンド者も一緒になって撮影やプリントのお手伝いをすることができ、コミュニケーションの中から色々なことを勉強させて頂ける、我々にとっても非常に楽しみなセミナーです。座学的なセミナーだけでなく、こんなセミナーも色々とアイデアを出しながら考えていきたいと思います!

では、是非また宜しくお願い致します。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/25384223
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 みんなの写真教室。それいけ!写真隊in熊本のご報告:

最新のトラックバック

トラックバック一覧