カレンダー

« 2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
RSS FEED

« それいけ!写真隊 in 郡山 ご当地写真のご紹介 | メイン | K3プリンターの設計思想 »

2010年09月13日 | Posted by マスター

モノクロファインプリントへの道 その3

ども。マスターです。9月も中旬に差し掛かるというのにまだまだ暑いですねー。

さて、今回はモノクロファインプリントへの道 その3ということで、用紙についてお話をしようと思いましたが、予定を変更してモノクロプリント時のドライバーの設定についてお話したいと思います。

皆さんはモノクロプリントに適しているプリンターをご存知ですか?

K3とよばれるインクシステムのプリンターがあります。PX-5600やPX-5002がそれにあたります。これらのプリンターはブラック、グレー、ライトグレーといったモノクロインクを3種類搭載することができるものです。

Pic_01_gb011
図のようにモノクロを表現する際に通常のプリンタよりカラーインクを少なくしモノクロ系インクを多用するため美しいモノクロ表現に向いています。クオリティの高いモノクロを作るには最適なプリンタになります。ドライバーにも「モノクロ写真」モードが搭載されているのも大きいですね。

Pic_06_nb03_11
このドライバーが素晴らしいんです!このドライバーを上手に扱うとかなり凝った表現までできますので是非さわっていただきたいです。(使い方の詳細はこちら。)

特に、「白地にかぶり効果を与える」機能はぜひ使っていただきたいです。

000
例えば空の部分が白くとんでいる場合、そのままプリントすると凹んで見得てしまいます。

ところが、「白地にかぶり効果を与える」をオンにすると

0000

ハイライト部分にわずかに、かぶり効果をあたえるため、ちゃんと写真が四角く見えます。意外と気にしない方が多いのですが、白くとんでしまったところが凹んでみえると構図バランスや、全体の印象が大きく変わることがあります。そんなときはこの機能をつかってみてはいかがでしょうか?

よく、質問されることですが、グレースケールの画像でもRGBで作成したモノクロ画像でも、モノクロプリントを仕上げるにはK3プリンターの場合「モノクロ写真」もーどでの出力をおすすめします!

では、K3ではないカラリオプリンターを使っている場合、どの設定でプリントすればいいか?
通常のプリンターの場合、「モノクロ写真」モードがありません。その場合、通常通りカラーでプリントをお勧めします。(カラリオでのモノクロおすすめ出力設定はこちら。)カラー設定でプリントしたほうがモノクロの色合いをコントロールできますのでお勧めです。

モノクロにこだわりたい方にはPX-5600はおすすめです!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/25049917
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 モノクロファインプリントへの道 その3:

最新のトラックバック

トラックバック一覧