カレンダー

« 2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS FEED

« ただいま、夏休み中です。 | メイン | お花とスイーツとギャラジー »

2010年08月18日 | Posted by マスター

モノクロファインプリントへの道 その2

ども。マスターです。

モノクロファインプリントへの道の2回目になります。

さて、今回はPhotoshopElementsを使ったカラーからモノクロへ変換してみたいと思います。モノクロ変換の方法は何種類もありますが、どれが正しいということではありません。
今回紹介するモノクロ化もいくつかある方法のひとつですので参考にしてみてください。

下のカラー画像には4つの色がありますが、単純にモノクロ化するともう一段下の画像のように同じグレーに見えてしまいます。
このようにモノクロ化することで本来持っている色の濃度が均一になってしまい、奥行きや質感を失うことがあります。
カラーからモノクロ化する時にはそれぞれの色がもつ濃度をどのように表現するか?が大切なんですね。Photoshopでモノクロ化する場合はそれぞれの色の濃度を表現するかをコントロールすることができます。

001
たとえばこういったカラーの画像を単純に彩度を完全に下げてモノクロ化します。すると。。
002
不思議ですね。カラーだとそれぞれの色から受ける印象が違うのに、モノクロにすると同じグレーに見えてしまいます。これを明度差がでるように調整すると。
003
このようにカラーをモノクロとして表現できました。ちゃんとモノクロですが、カラーで見たときの印象が表現できていると思います。

さて、実際にAdobe Photoshopでモノクロ化してみましょう。

Adobe Photoshop Elements 7の作業

1.「色相・彩度」を利用したモノクロ化
Pic_02_nb011

「画質調整→カラー→色相・彩度」を選択します。彩度を-100にするとモノクロ化されます。写真の色ごとに濃度を調整するには「マスター」から変更したい色を選択して「明度」を調整してバランスを整えていきます。この方法はエプソンプロセレクションのホームページで詳しく紹介していますので
こちらをどうぞ。

2.「グラデーションマップ」を利用したモノクロ化
004

「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「グラデーションマップ」で黒から白のグラデーションを選んでみましょう。すると、難しいことをしなくても綺麗なモノクロを作ることができます。

005_4
左上 オリジナルのカラー画像
右上 カラーから単純に彩度を下げたモノクロ
左下 「色相・彩度」を使用して調整したモノクロ
右下 「グラデーションマップ」を使用したモノクロ


このように、カラーからモノクロ化を好みに合わせて調整してみましょう。

プロセレクションシリーズのA3プリンタにはモノクロプリントが得意なPX-5600があります。こちらの機種にはモノクロ用のドライバが搭載されているのでPhotoshopでの作業なしにモノクロプリントを楽しむこともできます。こだわりのモノクロを作りたい方はPX-5600をお勧めします!

次回は第三回目。用紙についてです。

でわでわ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/24720881
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 モノクロファインプリントへの道 その2:

最新のトラックバック

トラックバック一覧