カレンダー

« 2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS FEED

« エプサイト実験室 プリント方法の違いによるモノクロ | メイン | ギャラジーが鉄ジーに?「鉄道写真を撮ろう!in小湊鉄道」 »

2010年06月29日 | Posted by けんたむ

「ピクトラン 局紙」を試してみました その2

ども、こんにちは。けんたむです。

R1069950 ずいぶん前の話となって恐縮ですが、「ピクトラン 局紙」を試してみましたその1をアップいたいましたが、やはり3rdパーティ製メディアの注目度は高いようで、結構な方がご覧になっていただきました。有難うございます!先日はカラー画像でのテストでしたので、今日はそのモノクロプリント編です。

◆結論 局紙はマットブラックがいい!

前回のエントリーではマットブラック使用が好ましいと書きましたが、やはりモノクロプリントでも結果は同じでした。マットブラックのコントラストがやや強く、階調を見ても好ましいです。フォトブラックは全体的に沈んでしまってフラットな印象。モノクロプリントで言うところの「色がない」状態です。

R10699641_2 

▲(左)フォトブラックを充填、モノクロ写真モード、写真用紙<絹目調>モードで出力。(右)マットブラックを充填、モノクロ写真モード、フォトマット紙モードで出力。いずれもPX-5600です。

カラーについてはお好みがあると思いますが、モノクロプリントする場合はマットブラックの使用をお勧めいたします。ピクトランシリーズ、一通り試してみましたが、今後のラインナップ展開も期待したいところです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/24262871
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 「ピクトラン 局紙」を試してみました その2:

最新のトラックバック

トラックバック一覧