カレンダー

« 2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
RSS FEED

« P-7000・6000ファームアップ続編 | メイン | PX-5002/5600とPX-G5300、桜の写真の再現力 »

2010年03月31日 | Posted by けんたむ

P-7000/6000、細かすぎて伝わらないほどマニアックな機能アップ

けんたむです。こんにちは。

P-7000・6000のライブビューモードでキヤノンさんのデジタル一眼レフカメラに対応してから早5日・・。たくさんの方から新ファームウェアをダウンロードしていただきまして、嬉しい限りです。

今日はカタログやWebで記載するほどでもない・・・細かすぎて伝わらないマニアックな機能アップについてズラズラと書いていきたいと思います。

①いきなりカメラ接続モード

Home画面で「Display」ボタンを押すといきなりカメラと接続するようになりました。隠しコマンドです(笑)。          これを知ってしまうと、設定画面のメニューからわざわざカメラ接続を選択するが面倒になります。オススメです。

R1069929

▲Home画面でいきなりDisplayボタンを押すと、カメラ接続モードに!ビューアーがカメラを探しに行きます。

②省電力モードをOFFに

カメラ接続中に省電力をOFFにする設定が追加されています。カメラが写し出している映像をずーっと見ていられます。(ただし、カメラ側の仕様により長時間のライブビューモードが続かない場合もございます)。

③ホイールキーでのレンズ焦点距離移動量が微調整できます!

カメラ接続時、ホイールキーがレンズのフォーカス移動の役割を担っておりましたが、拡大率によってホイールキーを回した時のフォーカスの移動量が変わっております。拡大率最大の時にゆっくりホイールキーを回すと一番細かく動きます。逆に全画面表示の時に一気に長く回すと大きく動きます。精緻なピント確認に嬉しい仕様になりました

今日はこの辺で~。ではでは。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/23749730
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 P-7000/6000、細かすぎて伝わらないほどマニアックな機能アップ:

» 最新のp-7000で実際に撮影してみた トラックバック hanchanjpの写真日記
真俯瞰(まふかん)での撮影ではカメラを高いところにセットするために、P-7000のリモートライブビューが役に立つはずです。実際に試してみました。 エプソンプロセレクションブログ P-7000/6000、細かすぎて伝わらないほどマニアックな機能アップ... [続きを読む]

» EPSONフォトストレージビューワーを使った、あのアングル撮影 トラックバック hanchanjpの写真日記
EPSONフォトストレージビューワーを使った、上から目線撮影セット。 (いやもう少し普通にハイアングル、とかって表記しておけばいいのに、、、) このポールは撮影用に短くしていますが、伸ばせば2階の窓くらいは簡単です。ですから第二第三の元U草東京大学教授もしくは田代様などのようにならないように気をつけましょう。<それも不要な書き込みだってば。。もともと自転車のハンドルにPDAを取り付ける、というコンセプトの製品だったので棒状のものは最適! カメラ用の長いUSBケーブル、私はキャノン純... [続きを読む]

最新のトラックバック

トラックバック一覧