カレンダー

« 2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS FEED

« 純正インクをご使用の方を対象にキャンペーンやってます! | メイン | 今年一年、ご愛読有り難うございました! »

2009年12月24日 | Posted by けんたむ

P-7000、6000、ライブビューモードの使い方

みなさん、こんにちは。けんたむです。

この時期、西高東低の気圧配置となる関東はよく晴れます。晴れの日は撮影日和と決め込んでいるので、晴天に恵まれた昨日撮影に行ってきました。

V1

▲300mmの望遠レンズを付けて寝台特急「北斗星」を狙います。

V2300mmとなると被写界深度は浅くなり、ピントの位置が少しでも狂うと、ボケボケの台無し写真の量産につながるため、慎重なセッティングが必要となります。

ちなみに私が所有しているニコンさんのデジイチは針の穴に糸を通すほど正確なAF精度ですが、「万が一」のことを考えて、P-7000に搭載されている「ライブビューモード」でピントを合わすことにしました。

ハスキーの4段三脚を全開にすると脚立が必要ですが、その上でセッティングするとなると安定感が悪く、下に降りてピントを確認します。

V3

▲USBケーブルを繋いで、カメラ接続モードに切り替えます。

V4

▲ちょっと見えづらいかもしれませんが、線路がビューアーに表示されます。慎重にピントリングを動かしてピントの山を確認します。

V5そして、撮影したのが左の写真。しっかりとヘッドマークにピントが来ていてほっと一安心。

現在、この「ライブビューモード」に対応しているカメラはニコンさんのD3X、 D3、D700、D300S、D300、D90、D5000の7機種。この機種をお持ちの方は是非使いこなしてみてくださいね~。詳しくはコチラへ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/22711255
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 P-7000、6000、ライブビューモードの使い方:

最新のトラックバック

トラックバック一覧