カレンダー

« 2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
RSS FEED

« 中井精也さんと「それいけ!写真隊」のフォトイベントご報告!その2 | メイン | エプソンニューフォトフォーラム 東京にて開催!! »

2009年11月25日 | Posted by けんたむ

PX-5002・5600とPX-G5300の色傾向の違い

みなさん、こんにちは。けんたむです。

P1 関東甲信越も晩秋に。今年の紅葉は当たり年だったようで、皆さん撮影に勤しんだことと思います。

そこで「秋」を表現するにはどのプリンターが最適なのか、PX-5002・5600とPX-G5300で比べてみました。最初に結論を言ってしまいますが、結局のところ毎度恐縮ですが、エプソンとしてはどちらの機種を比べてみても「お好みに合わせてチョイスしてください」としか言えません(泣)ので、あくまで私個人の感想に留めておきたいと思います。

使った写真は先日山形県で撮影してきた紅葉真っ盛りの中を走る国鉄型車輌。秋特有の低い光線で車輌が輝き、バックの紅葉の色づきもパンチがあります。

果たしてこれがどのような差になるのか・・。

◆K3インクを搭載したPX-5002と5600

両機種共に同じインクセットなので色傾向は全く同じです。解像度の差はあるものの、画質の差に影響はさほど与えません。sRGBで撮影している画像なので、色補正モードはEPSON基準色(sRGB)を選択。K3インクが得意とする安定したカラーバランスにより、派手めになる事無く、キャリブレーションされたモニターの画像に近い発色となりました。

5002srgb

▲PX-5600、写真用紙クリスピア<高光沢>、色補正モードはEPSON基準色(sRGB)を使用しました。 GT-X970でスキャニングした画像です。

◆オレンジインクを搭載したPX-G5300

オレンジインクを搭載している時点で、秋の写真に強そうな感じがします。本来は前機種のPX-G5100の人肌が「青い!」というご意見を多く頂戴したために、オレンジインクを搭載して人肌の再現力を向上させるという狙いがありました。仕上がった写真を見ると、赤系の樹木はモニターよりも派手めに出ておりますが、黄色系の地面や樹木は僅かながらグリーンに近い色になっているのが分かります。

それと何と言っても「Epson Color」の威力があって、見た目よりうんと鮮やかに、そしてコントラストも強く仕上がっているのが特長です。

5300ec

▲PX-G5300、写真用紙クリスピア<高光沢>、色補正モードはEpson Colorを使用しました。同じくGT-X970でスキャニングした画像です。

5300_srgb

▲PX-G5300、写真用紙クリスピア<高光沢>、色補正モードはsRGBです。上のEpson Colorの写真とだいぶ違いますよね?

皆さんの印象は如何でしょうか?私はPX-G5300とEpson Colorの組み合わせで出した紅葉が、見た目より鮮やかに出ていて好ましい印象を受けました!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/22262519
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 PX-5002・5600とPX-G5300の色傾向の違い:

» PX-5002 vs PX-G900 顔料機對決 トラックバック 武者返し.com
 我が家の方ではあまり寫眞を印刷する文化は無かったりするのですが、PX-5002のブロガー向け貸し出しに當籤してしまってから、積極的に印刷してみるやうになりました。  從來我が家に存在したのはEPSON PX-G900。これ、my epsonの登録情報を見る限り2005年の7月頃に購入したやうで、もう4年以上使ってることになります。いい加減インク詰まりが酷くなってきたので、先日修理に出し、中身ピカピカで戻ってきたばかりです。動作音も静かになり、結構氣に入って偶に使っては居たのですが・・・PX-500... [続きを読む]

最新のトラックバック

トラックバック一覧