カレンダー

« 2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS FEED

« P−7000のバッテリー消費量、本音を書きます | メイン | PX-5002はブラックインクが2本同時に装着可能なのです »

2009年09月28日 | Posted by マスター

トイカメラ調

ども。マスターです。

9月の連休はみなさん楽しくすごされたでしょうか?

けんたむも高速道路1000円の恩恵を利用して遠出をしていたようですね。

私は、、、結局近場でぶらぶらして終わってしまいました。

さて、私の普段持ち歩いてるカメラですがオリンパスのE-P1です。小さくてかばんにさくっと入るので助かります。さすがに毎日一眼レフを持って会社に出社できません、、、。

Img_0157_3E-P1は8mmビデオ用のCマウントレンズやら、Mマウントレンズなどのオールドレンズをつけて楽しんでます。(革張りキットでちょっと雰囲気を変えたり、して。)そんなE-P1にはアートフィルターが搭載されています。トイカメラ調などの写真の雰囲気を大きく変えて撮影ができる機能ですね。ちょっと変わった雰囲気で楽しむには手軽でいいですね。

面白いのは撮影の時にトイカメラ調などを選択していると撮る被写体がいつもと変わるんです。モノクロフィルムとカラーフィルムで撮影のスタンスがかわるのと同じ感じ。

比率も最近はスクエアに凝ってます。昔は二眼レフで6×6で撮影していましたが、ちょっと懐かしい感じ。

P9281847_2
▲トイカメラモードで撮影。周囲が暗く落ちるビネット効果が出ます。ちょっとゆるい感じで、デジタルっぽさが消えるのが面白いですね。

ほかにはiPhoneカメラも多用しています。iPhoneは撮った写真をいろいろ調整できるソフトがたくさんでていますので今回はミニチュア写真風に仕上げてみました。

___2
▲iPhoneで撮影。ミニチュア風に仕上げるソフトで加工。

今までPhotoshopで行っていた色調整やぼかしなどがカメラの機能になったり、簡単ソフトで楽しめるのは「実におもしろい。」と思います。

iPhoneから直接プリントできるソフトもあるようなので今度試してみようと思います。はがきサイズくらいなら大丈夫そうなので。こういった写真は半光沢かマットの用紙が合いそうですね。また、ポストカードを作ってみよう。

じっくり狙って撮りたい時は一眼レフで。

遊びながら撮りたいときはE-P1で。と撮影スタイルに合わせてカメラを選んだり、写真の雰囲気を変えたりと写真ライフはまだまだ楽しめそうです。

でわでわ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/21770419
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 トイカメラ調:

最新のトラックバック

トラックバック一覧