カレンダー

« 2019年4月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
RSS FEED

« R-D1xGを久々に使いました | メイン | P-7000/6000のファームアップから1日が経ちました・・・ »

2009年07月16日 | Posted by けんたむ

フォトストレージビューアー、初のメジャーアップデート!

みなさん、こんにちは。けんたむです。

私たちメーカーの人間が自ら“メジャー”ファームアップデートと言ってしまうのはあまり無いとは思いますが(笑)、ブロガー発表会や「それいけ!写真隊」などのイベント会場で寄せられた意見を参考に、P-7000と6000の新ファームを公開しました!

V1

▲イメージ図で恐縮です。今までビューアーとカメラをUSBケーブルで繋ぐことは出来ませんでしたが、ファームアップによってそれが可能になり、HDDへの直接データ転送とライブビューモードの2つが実現しました。

①データの二重化が実現!

「メモリーカードをビューアーに挿入してバックアップするのって、案外面倒なんだよね。ケーブルで繋がってそのままデーターを保存できればいいのになあ」という声を、P-2000の頃から頂戴しておりました。そんな機能がようやくこのファームアップで実現します。

<対応機種>

Canon EOS1Ds MarkⅢ、1D MarkⅢ、5D MarkⅡ、50D、40D

Nikon D3x、D3、D700、D300、D90

V2

▲USBケーブルは各カメラメーカーのものをご使用ください(mini-Bタイプ)

シャッターを押した後、まず記録メディアにデーターが書き込まれ、その後ビューアー側にデーターが転送されてきます。D300のJPEGデーター(Lサイズ)で、だいたい1~2秒で転送されてきます。リアルタイムとはいきませんが、ストレス無くデーター転送が可能です。

②ライブビューモードが実現!

デジイチに「ライブビュー機能」が搭載されている機種が続々と増えておりますが、こちらもUSBケーブルで繋いでビューアー側にリアルタイムで映し出します。

<対象機種>

Nikon D3x、D3、D700、D300、D90

V3

▲先日参考出品した「スタジオ写真フェア」のデモの一幕です。ビューアーとUSBケーブルで繋がった状態で、カメラが天井に向いてます。

この機能は、物撮りなどでピントをシビアに合わせるスタジオカメラマンの方、私のような鉄ちゃんや風景写真愛好家の方で超望遠レンズを使うときに「カメラのAFが合っているか何となく不安なので、一応確認しておこう」という方には重宝すると思います。

V4_3 

▲①ライブビューで映し出した画像です。画面中央左下に赤い枠のカーソルが出てきていますが、これはAFポイントです。 このカーソルは本体右上の4-WAYリングで移動が可能です。

V5

▲②「+ボタン」でズームアップしてカメラのピントの山が確認できます。このピント確認機能はカメラ側の拡大率に依存しますが、ビューアーの大画面でここまで大きく映し出されると圧巻です。

V6_2

▲③「★ボタン」を押すとなんと!!ピントが合焦します。ビューアー側でカメラの機能を制御できてしまいます。ピントの合焦スピードはコントラストAFを使用するのでやや緩慢ですが、レンズをマニュアルフォーカスにして自分の手で即座にピントを合わすことも可能です。

V7 

▲④最後に「OKボタン」を押すと、シャッターが切れます。

V8 

▲なお、シャッターは単写だけでなく、連写も可能です。3回、5回、7回、9回が選択できるほか、シャッタースピードや絞り、ホワイトバランスも全てビューアー側で設定が出来てしまいます。

ビューアーの久々のファームアップデート、如何でしょうか?対象機種はP-7000・6000に限定されてしまいますが、是非お近くの店頭等でお確かめくださいね!

ファームアップ方法など詳細につきましては、コチラの製品ページにお進みください。

また、ブログの文章だけだと伝わりづらい機能だと思いますので、製品ページ内の動画も併せてご覧下さいませ!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/20565703
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 フォトストレージビューアー、初のメジャーアップデート!:

最新のトラックバック

トラックバック一覧