カレンダー

« 2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS FEED

« 大橋 愛さんと「それいけ!写真隊」のフォトイベントご報告 その2 | メイン | フォトストレージビューアー、初のメジャーアップデート! »

2009年07月15日 | Posted by けんたむ

R-D1xGを久々に使いました

こんにちは。けんたむです。

2月の発表以来のご無沙汰ネタで恐縮ですが、昨日はたまたま代休を取得しておりましたので、R-D1xGと共にぶらり散歩に出かけてきました。

R1

▲私の標準装備です。レンズはコシナ・ウルトロン28mmF1.9を使用しています。レンズ構成が7群9枚と贅沢なつくりとなっており、28mmの短焦点にしては寸法が長い。なので、レンズを支点にしてカメラを支えるようにしています。

さて、R-D1xGを発売してから私に寄せられるご意見は様々で、「今どき、600万画素とは・・(笑)」「フルサイズにしてほしかった!」「エプソンがまだカメラを続けることは嬉しい」など、たくさん頂戴しております。反省すべき点は数多くあると認識しているところです・・。期待を裏切ってしまった方には本当に申し訳なく、また応援していただいた方には本当に感謝しております。

R2

▲モダンなデザインの自転車。ウルトロン28mmF1.9、F5.6、AE、JPEG。右端の壁の境は切ったつもりだったのですが、このアバウトなところがレンジファインダーのよさといったところでしょうか・・。

何はともあれ、このカメラは撮っている時間が本当に楽しくなります。やはり、レンジファインダーが大きな要素かなあと。私は普段の街角スナップでも、R-D1xGのほかにプラウベルマキナ67というレンジファインダーの中判を使用しています。レンジファインダーから素通して見た世界そのものが、自分が街の中に溶け込んでいくような錯覚に陥ります。

R3

▲ウルトロン28mmF1.9、F8、AE、JPEG。昨日は梅雨明けしたおかげか、強い日差しに恵まれました。気が付いたら空に一面の鱗雲が・・。

時々このR-D1xGのエントリーも続けていきたいと思いますので、R-D1ファンのみなさん、どうぞ宜しく御願い致します。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/20594519
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 R-D1xGを久々に使いました:

最新のトラックバック

トラックバック一覧