カレンダー

« 2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
RSS FEED

« P-7000・6000のRAW現像対応カメラを追加しました! | メイン | ゴールデンウィークの思い出をアルバムにしました!2 »

2009年05月29日 | Posted by けんたむ

「ピクトランメタル」を試してみました その2

みなさん、こんにちは。けんたむです。

M2_4今日は先日の「ピクトランメタルを試してみました その1」の続編をお伝えしたいと思います。だいぶ時間があいてしまってごめんなさい・・。

先日のエントリーでは階調性についてテストをしてみて、トーンジャンプの無い好ましい結果となりました。そこで今日は、色合いを確認するために自然風景画像を印刷してみたいと思います。

印刷設定は「写真用紙 光沢」にするわけですが、本音を言うと、他社メディアを使う場合は専用のプロファイルを作ってそれを当てたほうがいい結果に繋がることも多いと思いますが、ここではエプソンのドライバーを使用しました。

<設定>

・写真用紙光沢、sRGB(EPSON基準色)、最高解像度、双方向「ON」

結果は・・・、

M5

▲シルバーメタリックの紙の地色が活き、色調の表現も非常に豊かです。蛍光灯に反射すると「キラっ!」とした超光沢感もすごくステキです!

ただ一点気になること。

それは速乾性がもうすこし欲しいと思いました。顔料インクジェットプリンターは染料機に比べて出力から時間が経過しても色の変化が少ないんですが、この「ピクトランメタル」に関しては、しばらく乾燥させてから鑑賞したほうがいいようです(15分程度)。時間が経過するにつれて、色が段々と落ち着いてきました。

お次は、「ピクトラン クリスタル」を試してみたいと思います。

(つづく)

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/19740463
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 「ピクトランメタル」を試してみました その2:

最新のトラックバック

トラックバック一覧