カレンダー

« 2020年4月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS FEED

« 年賀状フォトコンテスト結果発表! | メイン | P-7000・6000のRAW現像時間は・・? »

2009年01月28日 | Posted by けんたむ

R-D1と廃線跡を歩く

みなさん、こんにちは。けんたむです。

先日、このブログの読者の方と直接お話する機会があり、「R-D1のエントリーは無いの〜」と言われてしまったので、今日はこのブログ始まって以来初のR-D1のエントリーです(笑)今まで放ったらかしにしていてすみません!

A1

▲自宅から車で約15分という至近の距離にある、西武鉄道安比奈線の廃線跡です。まあ鉄道写真に違いはありませんが(笑)、気軽なスナップを撮る事が出来る場所の一つで、休みの日はR−D1を持ってよく訪れます。

先日の「それいけ!写真隊」in横浜の時、R-D1を引っさげて会場周辺を撮影しましたが、私のスナップカメラはR-D1とリコーさんのGR DIGITALの2台です。鉄道写真を撮る時は三脚を据え、Nikonさんのデジイチで慎重に一枚を切り取りますが、スナップの時は乱写を身上としていますので、とにかくシャッターを切りまくります。写真家の森山大道さんが「写真は量だ」と言っておられましたが、私の場合は量は量でも「質より量」なので、勿論の事駄作が大半を占めます(涙)

A2 さて、私が入社1年目の時にR−D1が発表になったのですが、「君、写真好きだからR−D1の担当ね」と、当時の課長から言われて「え〜、僕はライカレンズの事とかよく分からないんですけど・・」と戸惑っていましたが、古いレンズが使える楽しみはこの頃ようやく分かってきました。また画素数が今どき600万画素でちょっと少なく感じたり、せっかく短いレンズを付けてもAPS−Cサイズのセンサーなので、焦点距離が1.5倍に伸びたりと不満点もありますが、何となくヌメっとしたこの画質だけは気にいっている次第です。

A3

A4

▲線路がそのまま残されており、今にでも列車がやってきそうな感じです。今となっては犬の散歩コースになっていますが、この日は誰一人としてすれ違う事はありませんでした。

ところで、いつも装着してるレンズはコシナさんのULTRON28mmF1.9です。残念な事に生産終了してしまいましたが、非球面レンズを採用して歪曲収差を最大限に抑えた画質を実現しています。かなりシャープな画が得られますが、私自身は緩い写りのレンズも好きなので、今後は他のレンズを使ったエントリーも続けていきたいと思います。

R−D1をお持ちのブロガーさんがいたら、是非このブログにトラックバックして作品をお見せください!楽しみにしていま〜す。

 

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/18308702
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 R-D1と廃線跡を歩く:

»  日々のつぶつぶ#0154(Epson R-D1 w/ NOCTILUX-M 50mm f/1) トラックバック Like Leitz
ZeissIkonとのコラボでもいいので、R-D2に相当するカメラが出ないかなー。 [続きを読む]

» カラー?モノクローム? トラックバック Place of rest
 前回と同日のショット。  歩きながらカラーからモノクロームへ変更。  これがデジカメの便利さであり、便利こそがまた弱点でもある。  銀塩と比べると覚悟というか決意の度合いが異なると思う。  (ゆるく撮影するには良いのだが)  F4で。  ここのお宅はいつも…... [続きを読む]

最新のトラックバック

トラックバック一覧