カレンダー

« 2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS FEED

« フォトストレージビューワがテレビに出ます! | メイン | A3ノビ出力の感動!! »

2008年12月11日 | Posted by けんたむ

年賀状大作戦2009! 畠中良晴さんの場合

けんたむです。こんにちは~~。

Nengatop_3

12月もいよいよ半ば。年賀状作り始めてますか!? 先日、根本タケシさんが作る年賀状をお伝えいたしましたが、本日は競馬写真家の畠中良晴さんが作る年賀状をお届けしたいと思います。

++++++

けんたむ:「畠中さんはいつ頃からインクジェットプリンタによる年賀状製作を開始されたのでしょうか?」

畠中さん:「2003年頃からですね。PM-4000PXを使い始めるようになってからです。当時も今も、フィルムをスキャンしてプリントすることが多いんです。今日は2007年・2008年バージョンの年賀状をお持ちしました。まずは、2007年からどうぞ」

H1

けんたむ:「あ~。なんてステキな写真なんでしょう・・!!肩車されている子どもがフランスの国旗を頭に乗っけてますね。どうも撮影場所は日本じゃなさそうです。どちらで撮影されたのでしょうか?」

畠中さん:「フランスのロンシャン競馬場です。この年、ヨーロッパの最高峰馬を決める凱旋門賞に日本のディープインパクトが出走したの覚えてますよね?そのとき客席の群衆に目を向けるとかわいらしい光景が飛び込んできたので、ヨンニッパ(400mmF2.8)にテレコンを付けて撮影しました。このときはまだフィルムだったと思いますので、スキャナで読み込んだ画像をプリントアウトしました」

けんたむ:「画面ではちょっと見づらいかもしれませんが、中央右端にはメッセージが書かれていますね」

H1畠中さん:「広告でも同じ手法が取りいれられていますが、文字を入れることで写真が引き締まることってよくありますよね?『いつかまた、この場所で』と入れています。レースはディープインパクトが負けて悔しい思いをしたのですが、またロンシャン競馬場に来て写真を撮りたいというメッセージを込めました」

けんたむ:「お正月っぽくなくてカッコいいメッセージですよね。こういう写真だと、『賀正』とか『謹賀新年』というお正月に使われるような言葉よりも自分自身のメッセージが響く感じを受けます。あえて定番のお正月言葉を入れなくても、ワンポイントメッセージが入るだけで随分と写真の印象が変わってくるというのが、この写真から本当に感じられます」

畠中さん:「次は2008年バージョンです。昨年もロンシャン競馬場に行く機会があったので、2年連続このシリーズから選びました。この競馬場が外国という特別な所にあるのは間違いないですが、競馬場の雰囲気自体が本当に好きなんですよね。というわけで2種類作ってみました」

H2 

H3

けんたむ:「1枚目は出走ゲートの写真、2枚目はゴール前の写真ですか。いずれも広角レンズですね。『長玉の魔術師』と僕なんかは勝手に呼ばせてもらっていますが(笑)、一発必中でレース写真を撮影されている畠中さんのイメージとはちょっと違う嗜好のようですね。一枚目の画面上にはわずかながらキラリと光る飛行機雲の光跡がアクセントとなって素敵です。いつ頃撮影されたのでしょうか?」

H4畠中さん:「これも凱旋門賞のときに撮影しました。季節は秋です。競馬場内に霧が立ち込めていて、太陽が昇ってくる前の早朝に狙ってます。普段、日本にいる時は明け方まで原稿書きをするなど仕事していて昼まで寝ているんですが、フランスに行くと時差の関係で体内時計が普通の人の感覚に戻るようで(笑)競馬の写真を撮りに行っているのに、ここ数年の年賀状の写真には肝心の馬が登場していませんが、『コレだ!』と思えるようなレース写真よりも、情景的に綺麗で、それでいて心に残ったシーンを年賀状の写真に採用しています。それと、新年明けて直接会う予定のある方には、直接感謝の意と共にお渡しするようにしています」

けんたむ:「なるほど。では2009年の年賀状はどのような方向で考えておられますか?」

畠中さん:「2年連続でロンシャン競馬場のシリーズが続きましたので・・・、2009年は日本の写真にしようかなと思ってます。今から製作に取りかかるのですが、やはりそれも楽しみなんですよね」

+++++

「謹賀新年」「A HAPPY NEW YEAR」などのお正月定番の決まり言葉って、ついつい入れてしまう・・・というか入れるのが普通だとは思うんですが(笑)、畠中さんの写真を見ると、他のステキな言葉を考えてみるのもホント面白いな~と感慨に耽りました。私もマネしてみようかな・・と。

畠中さんが出演されるイベントでちょいと宣伝を・・・。

畠中良晴さんは、来年3月21(土)・22(日)に東京で開催される「エプソン・ニューフォトフォーラム2008」にて、写真家の岡嶋和幸さん・中井精也さんと共にトークセッションに登場されます!(入場無料・ご予約不要です)競馬写真家としての孤高の“畠中フォトスタイル”を垣間見ることができるチャンスですので、是非お見逃し無く!!詳しくはコチラへ。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/17244750
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 年賀状大作戦2009! 畠中良晴さんの場合:

最新のトラックバック

トラックバック一覧