カレンダー

« 2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
RSS FEED

« 『Apple Store, Ginza』イベントのご紹介 | メイン | 増田賢一さんが語るPX-5600とPX-G5300 »

2008年07月23日 | Posted by ハッチー

『Monthly ProPhoto「プロフェッショナルのためのプリンタPX-5600の実力」』レポート

こんにちは、ハッチーです。

先日ご紹介したApple Store, Ginzaで実施された、Monthly ProPhoto「プロフェッショナルのためのプリンタPX-5600の実力」に行ってきました。
今日はその報告をしたいと思います♪

Photo_2

▲公演をされている小島勉さんです。

公演された小島勉さんは、株式会社トッパングラフィックコミュニケーションズで、インクジェットによるアートプリント制作(プリマグラフィ)のチーフディレクターをされていて、写真作品の作成や複製などを手がけていらっしゃるそうです。素敵な作品を何点か待ってきていらっしゃいました。(有名な写真家さんのお写真ばかりでした♪)

さて公演ですが、PX-5600の紹介の中で、注目されていたのが、ビビッドマゼンタインクでした。小島さんいままでも色々なプリンタを使っていたそうですが、実は「赤」に不満があったそうです...ですが、ビビッドマゼンタインクの登場によって『赤が理想に近くなった』とおっしゃっていました。

今回のタイトルにもある、プロが使うプリンタとしては...ポイントは「作品プリント」と「プルーフプリント」だそうです。
作品としては、『紙を選べることが魅力のひとつだ!』とのことで、色々な紙を紹介されていました。またこの紙に出したいからこう撮ろう!と紙をイメージされて撮影されることがあるそうです。
出力する紙が選べるってことは魅力であるとよく言われますが、撮影時にまで影響を与えるなんて本当に大きな魅了なんだな~と改めて思いました。ちなみに小島さんはエプソン純正用紙では、「フォトマット紙」がお気に入りだそうです♪
もちろんプリントしたものは作品なので、保存にも気を使われているそうで、ポートフォリオボックスに保存されているそうです。また湿度を調整してくれるSHCシート(調湿機能紙)なども紹介されていました。こんな便利なものがあるのですね!

とご紹介した内容はほんの一部。これ以外にも1時間半盛りだくさんのお話をしていただきました。
公演プログラムは、
 ◆自己紹介
 ◆PX-5600の紹介
 ◆プロが使うプリンタとして
 ◆プリント作業を効率的に行うためのソフトウェア
 ◆プリントの保存について
と言った感じでした。

で、公演の最後に小島さんから『作品作りからプルーフプリントまでプロが使えるプリンタだと思う』とおっしゃっていただきました。
(ハッチーもこのお言葉をきいてホットしました♪)

今回、とても貴重で楽しいお話を聞くことができました。また、このようなイベントがあるときはぜひご紹介させていただきます。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/14103129
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 『Monthly ProPhoto「プロフェッショナルのためのプリンタPX-5600の実力」』レポート:

» PX5600帰還 トラックバック 七匹目のどじょう
エプソンプロセレクションブログのモニターでうちに来ていたPX5600。 先日お帰りになりました。 ちょうど繁忙期と重なり、詳細なテストができませんでしたが、5500に比べて確実に品位があがっていたプリントを出力できました。 あちこちに詳しいレポートがあがっておりますので、簡単に私の感想だけ 1.一番効果があるユーザーは  PM4000PXユーザーです。即買い換えです^^; 2.微妙なのは、PX5500ユーザー               確かに比べると5600の方がよいの... [続きを読む]

最新のトラックバック

トラックバック一覧