カレンダー

« 2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
RSS FEED

« エプサイト 滑田雅春写真展 「外来静物」 | メイン | エプサイト 猪俣肇写真展 「something-invisible」 »

2017年08月04日 | Posted by ギャラリーチーム

エプサイト 平木康之写真展 「ソトボ」

みなさんこんにちは
エプサイトでは、ただ今平木康之さんの写真展「ソトボ」を開催中です。

2平木さんの今回の作品の舞台はタイトルの示す通り「外房」。外房とは房総半島の外側、つまり千葉県の太平洋に面した沿岸地帯のことです。

実は私、千葉県出身です。外房の海は子供のころから良く出かけ、うんざりするほど馴染みがあります。黒っぽい砂、湿った空気と風。でも、平木さんの写す「ソトボ」は私が知ってるはずの外房とずいぶん様子が違う、それが作品を拝見したときの第一印象でした。 

平木さんが本格的に写真に向き合うきっかけとなったのは、2014年、写真家・瀬戸正人さんが主宰する写真のワークショップ「夜の写真学校」に参加されてからとのこと。

平木さん:写真を勉強してみようと、学校やワークショップをいくつか検討しました。「写真表現」って言葉を聞くけど、表現って実際学べるものなのかな?って思ってました。

ワークショップ「夜の写真学校」は、撮影の技術的なことを学ぶのではなく、在籍する2年間で瀬戸さんに写真を見てもらいながら作品を作り上げ、最終的には写真展の開催を目指す、というワークショップです。 このワークショップを通じて、平木さんの「対象を見る感性」はますます磨かれていきました。 

平木さんの今回の作品のステートメントより
「ただ綺麗なだけの風景写真が撮りたい訳じゃない。その表面から透けて見えるレイヤーの下の世界を覗き、正体不明の違和感を一つ一つ拾い集めて気づくと、そこには『ソトボ』という平行世界が広がっていた。」

3

1▲平木さんの写真には対象を見つめる眼差しの強さをヒシヒシと感じます。 大判のプリントで見せる今回の作品、丹精かつ精緻に、私たちが現実に見ている以上のものを見せてくれるような、そんな作品です。

ワークショップを経て、平木さんは昨年1月、新宿「PlaceM」で初の個展「夜の虫」を開催。その後、夏には名門かつ老舗ギャラリーであるニコンサロンで、また秋に「Place M」と、初個展から1年の間に立て続けに写真展を行いました。これだけ一気に写真展を開催するというのは、すごいことです。
今は誰もが気軽にwebやSNSで写真を発表することが出来る時代ですが、平木さんが自分の写真を提示する方法として「写真展」という形を選択する理由をお聞きしました。

平木さん:自分にとって「作品を見せる」というのは、実際のプリントを見てもらうという意味。webブラウザー越しでは環境によって写真の見え方も変わってきてしまうし、小さなスマホの画面ではなかなか伝わらないと。プリントなら大きく見せることもできる。 何より写真展はやると楽しいです。

Re_p8010933▲平木さん(写真中央)。 平木さんの個展を見に来た瀬戸正人さんとPlaceMスタッフの佐藤さんと記念撮影。最初に平木さんにお会いしたときに、ずいぶん業界通の方だなあと、たじろいだ記憶があります。写真業界にとても詳しいので、一時期、PlaceMのスタッフの方だと本気で勘違いしておりました、、、

ギャラリーには平木さんが過去に個展を行なった作品のブックも合わせて置いてあります。こちらも合わせてご覧いただくと「平木さんWorld」をより深く知ることができます。必見です。 

平木さんの写真展は8月10日(木)14:00まで。 会期中、平木さんは毎日在廊予定です。みなさんのご来場を心からおまちしております。

(オギー)

エプサイト 平木康之写真展 「ソトボ」  2017年7月28日~8月10日(日曜休館)

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/34075176
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 エプサイト 平木康之写真展 「ソトボ」:

最新のトラックバック

トラックバック一覧