カレンダー

« 2017年10月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
RSS FEED

« エプサイトギャラリー・木村高一郎写真展『ともだち』 | メイン | エプサイトギャラリー ジェレミ・ステラ展「東京の家」 6/3(土)トークイベントもあります »

2017年05月02日 | Posted by フク

山田久美夫写真展「ドイツ・色と光」

みなさんこんにちは。フクです。

突然ですが、みなさんは「写真展」「モノクロ」と聞くとどういうイメージをもたれるでしょうか?なんだか敷居が高そう、難しそう、と感じられる方が多いのではないでしょうか?

今回ご紹介する山田久美夫氏が東京中野のケンコー・トキナーサービスショップ内ギャラリーで開催中の写真展「ドイツ・色と光」を訪れるとそのイメージが変わるかもしれません。今回はその訪問レポートをお届けしたいと思います。

山田久美夫氏はフリーのフォトグラファーとして活躍し、1999年にデジタルカメラ総合情報サイト「Digital Camera.jp」を開設し、デジタルカメラをはじめとした、写真関連機材に関する様々な情報の発信を続けています。

Image2_4

今回の写真展は、2003年にドイツを訪れた時のもので、44点の作品すべてがモノクロで印刷された作品展になっています。当時はカラーで撮影された写真ですが、本写真展ではすべてモノクロで表現することで、訪れたことがないはずの私でもなぜか懐かしさを感じてしまうような作品に仕上がっており、風景や人々の情感が見事に再現されています。

Image1

山田氏いわく、ひととおり作品を鑑賞されたお客様から、決まって聞かれる質問があるそうです。それは、ズバリ使用機材です。皆さんやっぱり、どんな機材を使っているのか、興味津々なんですね。そんな気になる使用機材はコチラ↓

カメラ:ソニー・クオリア016(約200万画素)

プリンター:エプソン・Colorio V-edition 「EP-30VA」

製品情報はコチラ

 

ペーパー:エプソン・フォトマット紙

額縁:ダイソー・A4フレーム

・・・驚かれる方も多いのではないのでしょうか?

クオリアは手のひらサイズのデジタルカメラで、2017年現在としては考えられない約200万画素のカメラです。

その画像を最新のColorio V-edition「EP-30VA」で出力したものが今回出展されています。 

なぜ今回の写真展でこのような機材を使用したのか、理由を聞いてみるとこんな話を教えてくれました。

 

写真教室の講師としてもご活躍されている山田氏ですが、どんなプリンターを使えばいいの?どんな設定で?という質問が非常に多いそうです。

特にモノクロに関しては多様な用紙で多様な設定をするのは当たり前というイメージが定着してしまっており、とにかく難しいという印象を持たれている人が多いということを教えてくれました。

 

そんな中で、今回の写真展には「こんなに簡単に!しかもお手軽に質の高いモノクロ写真展ができるということを知ってもらいたい!」という想いを込めていると、熱く語って下さいました。

 

今回、プリントにご使用いただいたColorio V-editionは、一見してみるとコンパクトな家庭用プリンターに見えますが、実力はどうだったのか!?山田氏に使用感を聞いてみました!

 

山田氏「染料インクを採用することで、透明感があり、奥行きを感じる作品に仕上げることができました。用紙もメーカー純正紙を使用し、難しい設定はほとんどせずに、プリンターに直接メモリーカードを差し込みプリントしました。染料インクを採用しているプリンターでここまでモノクロをキレイに表現できる機種は、他にはないです。」

非常にうれしいお言葉をいただきました。

 

プリントの作業は、まずPCにデータを取り込み、簡単な画像処理を施してモノクロ化してデータを完成させます。そして、そのデータをSDメモリーカードに移して、プリンターのダイレクト機能をそのまま使ってプリントしたとのことでした。

  

山田氏「今回の写真展のためにプリントした枚数は、テストプリント含めて約60枚しかプリントしていません。プリンターのインクも、プリントする前は満タンではない状態でしたが、交換したのはグレーインク1本のみ。インクの持ちが非常によく使用するインクも6本。1本あたりも非常に安くなっているので、安心して印刷できますね。」

 

インク代についてもうれしいコメントをいただきました。Colorio V-editionは高画質で気兼ねなくプリントできるというコンセプトのプリンターで、驚きの高画質でありながら、印刷コストも非常に安く設定されています。(L判1枚あたり12.7円。インク・用紙代込/税別)

 

山田氏「今回の写真展で使用した総額は7,000円ほど。インクが1本約810円、純正用紙(エプソンフォトマット紙 50枚入り)が約1,080円、額縁が44個で約4,400円。実は額縁が一番高いんですよ笑」

と笑いながら話してくれました。

 

一般的にハードルが高いイメージがある「写真展」「モノクロ」ですが、今回のお話しを通じてイメージが変わった方も多いのではないでしょうか?

素晴らしい作品だけではなく、驚きの発見もある山田久美夫写真展「ドイツ・色と光」

5月14日(日)まで開催していますので、ぜひ足を運んでみてください!

写真展の詳しい情報はコチラ

 

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/34058365
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 山田久美夫写真展「ドイツ・色と光」:

最新のトラックバック

トラックバック一覧