カレンダー

« 2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS FEED

« ニューフォトフォーラム札幌にご来場いただきました皆さま、ありがとうございました。 | メイン | 改めてデジタルプリントを考える その2 »

2013年10月11日 | Posted by ギャラリーチーム

エプサイトギャラリー 鶴巻育子写真展「東京 オオカミの山」 そして作品販売開始します!

こんにちは ギャラリーチームです。エプサイトでは本日から鶴巻育子さんの展覧会、「東京 オオカミの山」が始まりました。

鶴巻育子さんは、雑誌、ブライダル、写真のセミナー講師として活躍中の写真家です。鶴巻さんといえば、オシャレでカワイイ写真!カメラ女子のみなさまはもちろんのこと、カメラ好きなおじさまも、そんな鶴巻さんの写真を方々で目にすることが多いのではないでしょうか。
ところが、今回の展覧会の写真は今まで私たちが見てきた鶴巻さんの写真とはちょっと異なる雰囲気のドキュメンタリー写真です。

東京都青梅市にある御岳山、その山頂にある武蔵御嶽神社はオオカミ信仰の聖地であり、その信仰は御岳山に住む36世帯全員で今も守られています。鶴巻さんは集落の人々の暮らしと風習を丁寧に見つめ記録してきました。

鶴巻さん:初めは雑誌の取材の仕事で、御岳山に行ったのです。私は東京都の出身でずっと住んでるのですが、同じ東京都内にこのような風習が残り、暮らしの中であたりまえのように信仰が息づいているということに驚きました。それ以来、機会を作っては御岳山に出かけるようになりました。そのうちにますますこの山のことを知りたい、写真で記録に残したいという気持ちが強くなっていったのです。

鶴巻さんと言えば、オシャレな写真、そういうイメージがあったので、エプサイトの公募選考会で鶴巻さんが応募されたブックを見たときには正直全員驚きました。そもそも東京の中にこのような信仰が残り、守られていることを誰も知りませんでした。こういったドキュメンタリーのシリーズを今までも撮影されていたのかを鶴巻さんに伺いました。

鶴巻さん:いえ全く。私はどちらかというと街が好きで、こういった山の暮らしや自然をカメラにおさめることも今までなかったかもしれません。人の暮らしとか気配とかその街に培われた文化とか、そういうことのほうが興味がありました。なので御岳山は特別です。土地に呼ばれたと言うか、撮るべきものに自然にめぐりあえたような気がします。こういう感覚は初めてです。

日本の各地に残る風習や祭事を写真におさめたドキュメンタリーは数多くあり、今もたくさんの方が撮り続けている題材でもあります。しかし鶴巻さんの写真はいわゆる祭事の日のことだけでなく、この土地に暮らす人々の日常や周りの自然風景といったことのほうが多く語られている気がします。「人の暮らしとか気配が気になる」と語る鶴巻さん。きっと街を撮る時も風習や祭事を撮るときもスタンスは変わらず、等価な目線を注いでいるのかもしれません。

鶴巻さん:私が写真のセミナーで教えているいつもの写真の撮り方とは違うかもしれませんが、多くの人に見てもらいたいです。

はい、本当にそう思います。鶴巻さんならではの感性で写されたドキュメンタリー写真、鶴巻さんの新たな一面が見られる今回の写真展に多くの方が足を運んでくださることを願って止みません。

01_2▲鶴巻育子さんをギャラリー内で記念撮影。今回の作品の額装、一見パネル仕立てのようですが、額なのです。額の内寸ピッタリのサイズでプリントしてオーバーマットを使わずそのまま入れてます。作品がいつもの額仕立てより大きくて迫力あります!

さて、今回の鶴巻さんの写真展から、エプサイトでは開催した展覧会の作品を「インクジェット写真プリント作品」として販売を開始します。 エプサイト(epSITE)はエプソンが運営する写真のための「site(場)」であり、これまでも数多くの展覧会やプリンターの使い方の講座などを開催してきました。開館15
周年の節目となる今年、あらたに写真を販売する場としての機能が加わりました。
写真がデータでやりとりされるようになって久しいですが、近年あらためて「プリント」の価値が見直されています。プリントは写真の最終成果物。写真家の創意や熱意、技術が一番込められているものだからではないでしょうか。
エプサイトの展覧会は現在2週間の会期で行われますが、作品の販売は会期が終わったあともおよそ一年間継続します。展覧会が終了しても継続してエプサイトが選んだ写真家を応援して行きたい、そういった思いもあります。
販売するプリントはエプサイトが監修、制作を行います。ここからファインプリントを送り出し、撮る人にも見る人にも満足いただけるよう精一杯やっていこうとスタッフ一同気持ちを新たにしております。

2_4▲作品の販売を開始するにあたり、ショールームの一角に販売サンプルを見られるコーナーを作りました。こんな感じです。

実際に販売するプリントをサンプルとして額に入れて飾っています。ご自宅に飾ったときのイメージを想像していただければ、、と。 こちらにはiPadも置いてあり、このiPadで会期が終了した後でも販売を取り扱う作家の作品を全て見ることが出来るようになります。またエプサイトのwebでも展覧会会期終了の翌日から販売作品を見られるようになります。

今回の展覧会は新しい鶴巻さんの一面を見られる作品であり、また鶴巻さんは作品をプリントで販売されるのは初めてとのことです。エプサイトが新しく始める試みの第1弾として、ふさわしい内容の作品であると考えております。

鶴巻さんの展覧会は10/24(木)の15:00まで開催しております。会期中鶴巻さんは毎日ギャラリーに在廊予定です。みなさん心よりお待ちしております。

(オギー)

鶴巻育子写真展 「東京 オオカミの山」

鶴巻さんのwebサイトはコチラ

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/31892903
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 エプサイトギャラリー 鶴巻育子写真展「東京 オオカミの山」 そして作品販売開始します!:

» 鶴巻育子写真展「東京 オオカミの山」に行きました。 トラックバック windy's note
鶴巻育子さんの写真展「東京オオカミの山」に行ってきました。武蔵御嶽神社(東京都青梅市)の厳かな行事の様子や、神社周辺に住む人たちの風習・暮らしをとらえた写真を興味深く見させていただきました。... [続きを読む]

最新のトラックバック

トラックバック一覧