カレンダー

« 2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
RSS FEED

« Kさんも復活した写真隊 in 津 | メイン | フォトグラファーズレポート2012 ~三井公一さん~ »

2012年09月28日 | Posted by ギャラリーチーム

プロの写真家に、写真を添削してもらいませんか?

こんにちは、ギャラリーチームです。

今回は、エプサイトギャラリーの写真展ではなく、エプサイトフォトセミナーのご案内です。
エプサイトは、インクジェットプリントによる写真ギャラリーとして開館してから、早14年も経ちましたが、今のエプサイトは写真展だけではなく、写真プリントについて学べる「エプサイトフォトセミナー」、超大判プリントも自分の手で作れるレンタルラボ「プライベートラボ」など、写真愛好家の皆さんのためのサービスもたくさんご用意しています。

「プライベートラボ」については、いずれ詳しくご紹介するとして、今日は「エプサイトフォトセミナー」、その中でも皆さんに是非とも参加いただきたい目玉講座をご紹介します。
開催日は、もう迫っていますが、10月6日土曜日の午後。

講師は、写真家・前田晃(まえだあきら)さん、そうです、説明不要の風景写真の大家・前田真三さんの長男で、その魂を受け継ぎつつも独自の風景撮影から数多くの作品を生み続けています。

講座タイトルは「風景写真プリント添削」。
既にエプサイトでは8月・9月に1回ずつ、前田晃さんの講座を行いましたが、参加いただいた方にお聞きすると皆さん揃って「大満足」と仰られます。
その秘密は、少人数のワークショップ・スタイルで、前田晃さんの優しくも適切なアドバイスが聞けるところでしょうか。

Dscf6338
前田さんを囲んで和やかな雰囲気で進行するワークショップ。

前田さんが、写真コンテストの審査員経験も豊富なことを、皆さんよくご存知で、審査の際のポイントについてアドバイスを求める方も多くいらっしゃいました。
プリントの悩みにも親身になって丁寧に応えてくれます。

大人数で一方的な講義を聴くのとは違い、参加いただく皆さんのプリント一点一点をしっかり見てもらえるのも嬉しいところです。
それも、ただ表面的に見るのではなく、
撮影の動機やコンセプトなどをじっくり聞き取った上で、撮影の指導や組写真としての見方などのアドバイスを的確にしてくれるので、皆さんも自ずと真剣になってきます。
他の参加者のプリントに対する講評にも同じ真剣さで聞き入りながら、良い意味での緊張感が最後まで続きます。

10月6日のワークショップに参加をご希望の方は、こちらより早めにお申し込みください。

満席になってしまった場合は、どうかご容赦ください。

それでは、当日は前田晃さんと皆様のお越しをお待ちしています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/29943285
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 プロの写真家に、写真を添削してもらいませんか?:

最新のトラックバック

トラックバック一覧