カレンダー

« 2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSS FEED

« P−7000、いい仕事しています。その2 | メイン | ゴールデンウィークの思い出をアルバムにしました! »

2009年05月11日 | Posted by けんたむ

Imaging WorkShop使っていますか?その1

みなさんこんにちは。けんたむです。

先日のハッチーのエントリーにありました通り、以前から販売していた「Imaging WorkShop」を「My Epson」からの無償ダウンロードがスタートしております。ところでみなさん、このソフト使ってみました〜?

I3

▲基本画面です。左端が画像選択スペース、中央がレイアウト調整スペース、右端がプリンター設定スペースと、左から〜右へ〜の順序でプリントまで持っていけます。

I2 「Imaging WorkShop」は、ずーっと前から無償供給している「プリントプラグイン for Photoshop」というソフトにRAW調整機能(写真左)などが搭載されている単独のアプリケーションとお考え頂ければと思います。

また以前、「プリントプラグイン for Photoshop」を使っていますか?というエントリーを書きましたが、とあるブロガーさんから「使ってません(笑)、今までプリントを失敗していた人に向けて、簡単にプリントできるソフトウェアですよと、生々しく宣伝してみては」というアドバイスを頂いたので、そうさせていただきます〜(笑)今回はそれを意識して不定期で何回かに渡って、このソフトの魅力とあと一歩な点をご紹介していきたいと思います。

I1

まず立ち上げると、一番上のような基本画面が出てきます。因に、メモリは512MBが必要で、1GB以上推奨と仕様には書いてありますが、512MBだと動かすのに反応鈍く、相当苦しいです。2GBくらあるとサクサク動きます。

◆フチあり写真を作ってみる

プリントを「フチあり」にしたい方ってたくさんいると思うのですが、通常の画像処理ソフトだと、フチの幅が均等にならなかったり、画像サイズの変更が面倒だったりと色々弊害がありますので、失敗も多いかと思います。このソフトはそんなこと考えなくても簡単にできるのでーす。まずやってみます。

I4

▲左の画像選択画面から、中央のレイアウト画面に画像をドラッグ&ドロップします。すると、画像が小さく配置されます。これじゃあフチが大き過ぎますので・・・

I5

▲中央の余白部分で一度クリックすると、オレンジ色の画像の縮小/拡大の調整ラインが出てきますので、それを使って大きくします。撮像素子の比率を保つために、Shiftキーを押しながら実行しましょう。ありゃりゃ、大きくなったものの画像が中央に来ていません。

I6

▲赤丸で囲った「中央」というアイコンをクリックすると、画像が中央に配置されます。このレイアウトでプリントが出力されます。

あとは、一番右端のプリント設定画面で用紙サイズや用紙の種類などを設定してプリントすると・・・、

I7

▲このようにプリントがされてきます。画面で設定したとおりです。これなら画像サイズなどを考えなくても簡単ですよね?

ちなみに、風景写真ファンに人気の黒フチ写真も簡単に作る事ができます。

I9

▲矢印先のドライバーの形をした小さいアイコンをクリックすると、左のような設定画面が出てきます。「背景」にチェックを入れて、色を黒にすると黒フチ写真の出来上がりです。

「それいけ!写真隊」のマスターからは、「なんで黒フチモードとかよく使う設定キーがそんなに小さいアイコンなのさ(笑)」と言われてしまいましたが、もう作ってしまったので許して下さい。確かに遠慮気味のアイコンが多いのが、Imaging WorkShopの特徴なのです(爆)

さてこのソフト、開発工数の関係上、プロセレクションプリンターを中心にしかサポートしておりません。コピー機能などが付いたプリンターはサポートしておりませんので、ご注意くださいませ。対応機種についてはコチラをご覧ください。

あ、あとカラーマネジメントも何も考えなくても簡単にできてしまうのですが、その辺りは後ほどご紹介したいと思います〜。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/19481615
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 Imaging WorkShop使っていますか?その1:

最新のトラックバック

トラックバック一覧