カレンダー

« 2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS FEED

« 「それいけ!写真隊」札幌のフォトイベント報告!その1 | メイン | ギャラリーのご案内 »

2009年03月02日 | Posted by けんたむ

「それいけ!写真隊」札幌のフォトイベント報告!その2

みなさん、こんにちは。けんたむです。

「それいけ!写真隊 in札幌その1」の報告エントリーでは数名の方からトラックバックを頂きまして、有難うございました!早速みんなで拝見させていただきました。「まる隊員」がいるエプソンで働きたい!という書き込みもあって、私たちは本当に幸せな職場で働いているんだな~と改めて噛み締めているところです。

O1

O19

▲「ご当地写真」コーナーにも北海道の風光明媚な優秀作品が多数寄せられました。ご応募いただいた皆様、有難うございました!

さて今日は、午後に行なわれたマスターと私の「ワンランク上の作品作りセミナー」の報告をしたいと思います。

O2隊員のKさんが開催日前日の早朝に撮影した、「ロードヒーティング」から勢いよく噴出すスチーム。北海道ならではの光景ですよね。私たちにとってはニューヨークのマンハッタンを彷彿させる雰囲気でいい写真が撮れそうな気がします。

Kさんも逆光を怖がらずに、一生懸命腰を据えて撮影していたようです。

O3

▲こちらの画像を使って、ワンランク上の作品に仕上げる事となりました。そのまんま出力しても作品となる写真ですが、ちょっとした一工夫でさらによく仕上がります。ということで、モノクロに変換して出力してみることにしました!

O14さて、エプソンからは光沢紙をはじめ、絹目調の写真用紙、マット紙など数多くの銘柄の用紙が発売されておりますが、「写真=写真用紙光沢」と決めつけるのではなく、その絵柄に見合った用紙をチョイスすると、プリントの楽しみが増してきます。

このスチームの雰囲気を出すには「マット紙!」というマスターのアドバイスがあったので、マット紙に見合ったレタッチをスタートすることに。

①まず、モノクロに変換する

まず、モノクロに変換します。マスターが言うにはモノクロの変換方法は10種類以上あるようですが、ここでは一番カンタンな方法の一つである「彩度」をコントロールします。

O4 

▲「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「色相・彩度」を選択し、彩度をゼロにします。すると、カンタンにモノクロに変換できちゃいます。

②四隅を暗くして、奥行き感を出す

周辺光量落ちは写真愛好家の方に嫌がられる向きもありますが、モノクロでは以前より「焼きこみ」などの手法で四辺の隅を暗くするなどして、画面中心に向けて光の線を演出することで、奥行き感を出していました。Photoshopにおいてもカンタンに出来てしまいます。

O5_2 

▲「フィルタ」→「レンズ補正」→ 「ビネット」の適用量を「暗く」にシフトします。逆に明るくすると、四辺の隅が明るくなっていきます。

③フィルムのような粒状感を出す

モノクロには荒れた粒状感がピッタリです。ただ単にモノクロ化したデータは奥行き感がなく、いかにも「デジタル」という写真に仕上がってしまいます。写真としての強弱も失ってしまいますので、フィルムのような粒状感を加えたいと思います。

O7 

▲「フィルタ」→「アーティスティック」→「粒状フィルム」を選択します。赤枠内の粒状フィルムのところは「粒子:2」「領域のハイライト:0」「密度:0」を入れてみましたが、ご自身で感覚を掴むためにも色々な数値を入れてベストな粒状感を探し出してみてくださいね。

そして完成したのがコチラ!!

O15

▲(左)レタッチ前、(右)レタッチ後です。

Kさんの写真がさらにステキなモノクロ画像へと昇華。マット紙のテクスチャーと粒子がマッチングしていい風合いに仕上がりました!

++++++

さて、「それいけ!写真隊」の次回開催は今週末の3月7日(土)、福岡に参上します!詳細はコチラをご覧下さい。たくさんの方のご来場をお待ち申し上げます!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/311439/18735325
<トラックバック時のご注意、必ずお読みください>
○トラックバック送信を行うと同時に、トラックバック先であるエプソンプロセレクションブログの記事へのリンクを本文に挿入してください。トラックバック先へのリンクがない記事の場合、セキュリティ機能によりトラックバックが受け付けられない場合がございます。
○トラックバックの反映に時間を要する場合がございます。

○公序良俗に反するブログのトラックバックについては削除させていただくことがございます。

このページへのトラックバック一覧 「それいけ!写真隊」札幌のフォトイベント報告!その2:

最新のトラックバック

トラックバック一覧