カレンダー

« 2016年6月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
RSS FEED

2016年06月08日 | Posted by ギャラリーチーム

エプサイトギャラリー 東京写真月間2016 米屋こうじ写真展「ときのしずく」

みなさんこんにちは
エプサイトでは6/3(金)より、本年度の東京写真月間の企画展として米屋こうじさんの写真展「ときのしずく」を開催しています。

Ka1▲今年度の東京写真月間のテーマは「人と鉄路 -心をつなぐみち」。ギャラリーには米屋さんがこの二十数年の間に国内のあらゆる路線で撮影したきた写真を見直し、選んだ作品が並びます。 駅や列車の旅がつくりあげる情景に思わず胸がジーンとします。

米屋こうじさんは鉄道写真家として、雑誌を中心に活躍するフリーランスのフォトグラファーです。
鉄道で日本の各地、海外では主にアジアの国々を中心に旅をして、鉄道と人、その周囲の情景をカメラに収めてきました。 

米屋さんは山形県の出身。 実は米屋さんの親族には旧国鉄に従事された方が多く、おじい様は後年奥羽本線神町駅の駅長を務め、お母様は32年間に渡り、駅の売店「キヨスク」で販売員として勤務、また叔父さん叔母さんたちも様々な立場で国鉄の職員として仕事をしてきました。
そんな米屋さんが鉄道の魅力に目覚めたのは小学生の頃。 国鉄職員を父に持つ、鉄道に詳しい友人の登場により、米屋さんの鉄道への趣味はどんどんエスカレートしていったと言います。米屋さんが小学生だった1980年前後は日本全国の子供たちを虜にした「ブルートレイン・ブーム」がありました。地元の山形県、奥羽本線を走る唯一のブルートレイン「あけぼの」を見るために、早朝まだ明けきらない空の下、小学生の米屋さんは線路の脇まで何度か出かけていたそうです。

「見る」から始まった鉄道の趣味は、次第に「乗る」ことにも興味が移っていきます。1982年春に「青春18きっぷ」が登場すると、当時中学生だった米屋さんは早速友人たちと計画を建て、ただ鉄道に乗ることが目的の旅をします。
高校生になると、毎日電車で通学することが楽しみに。 快適な最新の車両より、夏の暑いさなかでも扇風機がついていない「旧型客車」に乗ることのほうがうれしかったとのこと。 当時から、米屋さんはどちらかといえば最新の車両よりも、古く時を刻んできたもの、どこか懐かしい感じがするものに惹かれていたようです。

ちょうど米屋さんが仕事に就く頃は、国鉄が民営化に切り替わる頃。 新規の採用枠はなく、幼いころから漠然と抱いていた「国鉄で働く」という思いはかなわなかったものの、鉄道雑誌を良く見ていたこともあり、撮影の趣味を生かせるカメラマンという職業を目指すべく、東京に進学します。
そして、鉄道カメラマンという立場で、鉄道の魅力を広く伝える仕事をしていくようになります。

今回の写真展を通じて米屋さんが伝えたかったことをお聞きしました。

米屋さん:鉄道は、明治時代から今に至るまで人々の暮らしに、寄り添い続けてきました。 大変な戦争があった時代もあり、国鉄の時代もあり、、、。 いつのどんな時代でも毎日どこかの誰かの日常の中で必ず利用されている。様々な人の事情や思いを乗せて走る鉄道にはやっぱりドラマを感じます。住んでる場所や世代によって多少違うかもしれないけど、鉄道には 旅情だったり、郷愁だったり、誰しもが思い描くイメージがあって、今回の写真展ではそれを表現してみようと思いました。 

_
▲ホームや車窓から見る日本の四季、行き交う人々、走り去る列車のテールランプ、一条の線路、、、
米屋さんの作品には「旅情」をかきたてられます。エプサイトのオジサン集団も思わず郷愁を誘われ、のめり込み気味です。 オヤジ達も泣かせるロマンあふれる作品なのです。

さて、話は変わってプリント制作の話も少し。今回の展示作品にはフィルムカメラからデジタルまで、二十数年に渡り米屋さんが歴代愛用してきたさまざまなカメラが使われています。 割合としては1/3強がフィルムです。
ポジフィルムからのスキャンは、一部の超大判プリントを除き、米屋さんにエプソンのGT-X980を使用いただきました。

1▲スキャン作業にあたり、ポジをフォルダーにセットする米屋さん。実はここに静かなこだわりが、、、

米屋さん:スキャンのときにフィルムの端が、マウントにかかってケラれてしまうことがあるので、スキャン用のマウントを用意しています。

3▲左が通常の35mmマウント、右側が米屋さんの専用マウント。よく見ると窓の周辺を削って広げています


2
▲米屋さん愛用のフィルムフォルダー こちらも枠が広くなっております。カッターで周辺をカットした後にサンドペーパーで削って仕上げたそうです。

確かにマウントにもフィルムフォルダーにもまっすぐにセットしないと、絵柄の端がビミョーに切れたり、また絵柄自体が切れなかったとしても若干端がケラれることはありますよね。 ここエプサイトにいると、作品制作における写真家さんたちのさまざまな独創的工夫を垣間見ることができます。

またギャラリー内、額装作品のプリントには、今回エプソンの「MC画材用紙 ロール」を使用しました。
 
米屋さん:いつもは「フォトマット紙」を愛用していますが、展示はより柔らかい印象の画材用紙を選びました。情報量を抑えたソフトなプリントのほうが、この作品には合っていると思いました。

米屋さんの穏やかなお人柄を写すかのように、プリントも優しい雰囲気に仕上がりました。

4▲仕事で全国の鉄道路線を巡る今でも、気になる列車の情報を得ると、つい出かけてしまうと言う米屋さん。今回の写真展の作品は、米屋さんが写真家として鉄道と共に刻んだ24年間の月日から、こぼれ落ちた「しずく」でもあります。

米屋さんとお話ししていて、私も鉄道でどこか出かけてみたくなりました。今思い起こせばかつて私もたった1度だけ「青春18きっぷ」で旅をしたことがあるのですが、行き先は偶然山形県でした。今度はどこに行こうかな。ゆっくり考えてみます。

みなさん、米屋さんの写真展は6月23日(木)15:00まで開催しております。ぜひエプサイトに足を運んでくださいね。

エプサイト 米屋こうじ写真展 「ときのしずく」

米屋さんの在廊中に限り、ギャラリーでは米屋さんの写真集、書籍の販売のほか、明日からひたちなか海浜鉄道さんのご協力を得て「南阿蘇鉄道 希望の光 復興祈念切符」を米屋さんが委託販売します。 数量限定ですので、ご希望の方はお早めに!!
・南阿蘇鉄道 ・由利高原鉄道 ・ひたちなか海浜鉄道 ・いすみ鉄道 ・若桜鉄道
こちらの5路線の切符が入っていてお値段1000円 うち700円が南阿蘇鉄道への支援金となります。

Photo

また、6/11(土)15:00からは、米屋さんのトークイベントを実施します。
今回飛び入りゲストとして、同じく本年度東京写真月間の企画展作家であり、先日オリンパスギャラリーで写真展を終えられたフォトライターの矢野直美さんにもお越しいただく予定です! 華々しい!! とっても楽しみです♪  
イベントの詳細は下記をご覧ください。

エプサイト 米屋こうじ写真展 トークイベント

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

(オギー)

 

このページの先頭へ

2016年05月20日 | Posted by ギャラリーチーム

エプサイト スポットライト対象展 香川美穂写真展 「Polar Smile」

こんにちは
エプサイトでは只今、香川美穂さんの写真展「Polar Smile」を開催中です。

香川さんの作品の舞台は南極や北極圏といったいわゆる「極地」。厳しい自然の中を生きる動物たちの豊かな表情をとらえた作品です。
また、こういった壮大なネイチャー作品としては珍しく、プリントに使われているのは和紙。香川さんの地元・徳島県で生産されている阿波和紙(アワガミファクトリー製)です。香川さんの作品のスケールの大きさ、また優れた撮影技術と合わせ、和紙での表現という点にも高い評価が集まり、今回エプサイトのスポットライト対象展に選考されました。

香川さんは「旅をする人」です。昔から旅が好きで、デザインの仕事や、時には英会話の先生の仕事をして、お金を貯めてはあちこちを旅してきたそうです。これまでになんと46ヵ国、184もの都市を巡っているとのこと。
そして、今回の作品の舞台となった極地には、2006年に南極へ行ったのをはじめに、これまでに12回も訪れました。

Dscf3804_3▲ギャラリー表ガラスショーケース内。 このモフモフの動物たちを見てギャラリーに吸い寄せられるように入ってくるお客様が今回多数おります。

ホッキョクグマ、ペンギン、アザラシ、、 香川さんの写す動物たちはどれもこれも本当に、本当に、カワイく、見るたび私も悶絶しております。 実際には、マイナス30度、10メートルの風が吹きあれるような猛烈な寒さ、身の危険と隣り合わせの厳しい環境のなかでの撮影なのですが、そういったことを全く忘れてしまう、優しさやあたたかさが、香川さんの作品からは伝わってきます。

香川さん:最初は全く上手く撮れませんでした。写真の勉強はデザインの学校に通っていたときに少しやったかな、、という程度で、機材のことも、良く知りませんでした。北極圏では体感マイナス40度にもなりますから、カメラも凍るし、とにかく寒い、バッテリーは10分ともたない。レンズは焦点距離が足りない。撮れたのは失敗写真ばかりでした。
あらためて、機材も防寒の装備も準備万端して行ったら、今度は動物たちと会えない、なんてこともありました。
極地での撮影はたしかに大変ですが、動物たちと会えたときのうれしさはそれを上回ります。ただうれしくて、目の前の光景に夢中になって撮っています。

作品のあたたかさは、まさに香川さんの動物たちに対する気持ちそのものですね。
一方で、極地での厳しい現実を目の当たりにすることもあるそうです。

香川さん:極地の動物たちは厳しい環境になんとか体を適応させて、ぎりぎりのところで命をつないで生きています。日頃便利な生活の中にいる私たちは命があるのがあたりまえのような気になってしまいますが、極地の動物たちは全く違う。一瞬一瞬を本当に懸命に生きていてます。 そんな動物たちの姿を目の当たりにすると「命」や「生きる」ということを強く意識させられますし、尊敬の念を抱きます。
自然は大きく厳しく、私たち人間などかなわない。 一方でもろい一面をはらんでいるのも事実です。昨今極地の環境問題が取りざたされいますが、それは私たち人間の活動と無関係とは思えない。現地に足を運び、現状を目の当たりにし、気づいてしまったからには何かしらの形で返したい。 
一途に生きる動物たちの表情は本当キラキラしていて、とてもカワイイ。カワイイものは守りたいと思うものですよね。自分にできることは何か、そう考えたときに、展覧会をしたいと思いました。この作品が、極地の今の環境やそこに生きる動物たちの命について、何か考えていただけるきっかけになれば、と思っています。

話は変わりまして、本展は「和紙での表現」また「展示の仕立て」という点でも、見せ場が満載です。

Redscf3817
▲ギャラリー内の様子 ギャラリー奥には南極の氷山。絶景が広がります。 アワガミファクトリーの楮(こうぞ)、ロール紙を10本短冊状にして壁面いっぱいに吊るしています。この飾り方はエプサイトでは初の試みです。超大型作品ですがスリットが入ることで圧迫感がなく、風が通り抜けるような爽快さが感じられます。 和紙と侮ることなかれ、ものすごく透明感のあるプリントです。

Redscf3918▲大判とスクエアの作品は手すき和紙、「びざん」。 耳のところまで全面プリントしています。 動物たちのふわふわの毛並の表現、雪の質感 こういうところ「びざん」はやはりスゴイです。

Redscf3929▲ペンギンの赤ちゃんのお腹、毛並のこのモフモフ感(泣 この作品に悶絶する方多数です!!

Redscf3926▲A3ノビサイズはアワガミファクトリーの「竹和紙」です。プリンターはSC-PX5VII。 竹和紙もいいですねー プリントがインクジェットプリントだと知ると、「えー 和紙?すごくキレイに出るんですね」と驚かれる方もいらっしゃいます。

Redscf3924▲香川さんたっての希望でいわゆる「浮かせ額」風となっております。無垢の木枠が作品の内容と合ってます

Redscf3790_4▲香川美穂さん ギャラリー内で。 
この春までNHK徳島放送局のアート部にお勤めでしたが、次の旅に向けてきっぱり辞めてしまったそうです。香川さんはあくまで「旅の人」。 写真家になることを目指しているのではなく、旅の現場で感じたことを伝えるための一手段として、写真という表現を使っている、そう笑顔で話されていたことがとても印象的です。

香川さんに次に訪れたいところをうかがってみました。

香川さん:この写真展で一段落という思いもありますが、やっぱり極地に行きたいですね。ロシアやアラスカなどまだ行けていない場所もたくさんありますので。自然があってシンプルなところ、そしてやっぱり私は白い世界に惹かれますね。寒くても。

自分の気持ちにまっすぐで軽やか。香川さんのこれからの活躍も応援していきたいです。

ギャラリーではプリント作品のほかに、写真集やポストカードの販売も行っております。どれもかわいくてたまりません、この場ですべてお見せできないのが残念!!
ぜひみなさん、香川さんの作品に会いにエプサイトにお越しください。お待ちしております。

(オギー)

エプサイト 香川美穂展「Polar Smile」

PS:
香川美穂展で使用している和紙の製造・販売元であるアワガミファクトリーさんにも、本展をブログでご紹介いただきました。
アワガミファクトリーだより








このページの先頭へ

2016年05月02日 | Posted by ギャラリーチーム

エプサイト「ILFORD GOLD FIBRE SILK(ゴールドファイバーシルク)」実感キャンペーン

みなさんこんにちは ゴールデンウィークをいかがお過ごしでしょうか。

エプサイトでは只今三好和義さんの写真展「楽園の跡 軍艦島」を開催中です。まだご覧になっていない方、連休中もエプサイトは日曜日以外は通常営業していますので、ぜひお越しくださいね。 エプサイトは西新宿のオフィス街にありますが、連休中はいつもと違い人の数も流れもゆるやか。 ゆっくり作品を鑑賞いただけます。

さて、エプサイトでは先日このブログでもご紹介ましたが、今回の展覧会の会期に合わせ、三好和義展で使用しているILFORD(イルフォード)社の高級バライタ紙GALERIE Prestige GOLD FIBRE SILK(ギャラリープレステージ ゴールドファイバーシルク)をエプソンプロセレクションシリーズのプリンターでプリント体験できるキャンペーンを行っています。

ギャラリーでハイクオリティープリントをご覧いただくだけではなく、三好さんが展示作品制作のために実際に使用したプリンターや用紙をお客様にもぜひ体験いただきたく、始めたのがこちらのキャンペーンです。

三好和義展連動イベント
ILFORD(イルフォード)GALERIE Prestige(ギャラリープレステージ)
GOLD FIBRE SILK(ゴールドファイバーシルク)実感キャンペーン(参加無料・事前予約制)

【三好展制作機器のおさらい】

<プリンター>
エプソン SC-PX3V (A2ノビサイズ対応 顔料8色プリンター)

Scpx3v_1▲三好和義さんにご自宅で愛用していただいるこのSC-PX3V、エプソンプロセレクションシリーズのフラッグシップモデルとなります。三好さんには「黒の表現が力強い」と評価いただけました。またマット紙や和紙など、これまでも様々な用紙で作品を発表してきた三好さんは使い勝手も細かくチェック、「給紙がしやすくなった」とおっしゃってました。オプションのロール紙ユニットを装着すれば、ロール紙で長尺プリントも出来ます。


<用紙>

ILFORD GOLD FIBER SILK(ゴールドファイバーシルク)
Ilford_2
▲従来の写真印画紙と同じバライタベース紙にインクジェットコートを施しています。「バライタ調」、「バライタ風」ではなくこちらは本当の「バライタ紙」。 紙の白色がとても上品です。繊細なディテールの表現が得意で、モノクロはもちろんのこと、顔料インクとの組み合わせで広色域を再現できますのでカラープリントもお勧めです。


先月4/22(金)、4/23(土)はサービスDAYということでイルフォード社製用紙の販売元である(株)ジェットグラフさん、またイルフォード・ジャパンさんからもアテンドの応援をいただきまして、プリント実感キャンペーンを行いました。

Il03▲プリントはオペレーターがマンツーマンで応対。 この日はプリンターはSC-PX3Vと同じインクシステムのSC-PX5VIIを使用し、ご自身のデータでプリント体験いただきました。 カラー、モノクロ、みなさんそれぞれお気に入りの1枚をお持ちいただいたようです。結果にドキドキ

ちなみにプリント時に使用したアプリケーションはエプソンの「Print Layout」。実はこのアプリ、こういったエプソン純正紙以外の用紙を使うとき、とっても便利なんです。 「用紙種類」→「カスタム用紙種類設定」で使用する他社用紙の情報を登録しておくことができます。

Gfs3▲「Print Layout」の「カスタム用紙種類設定」の画面。このように用紙名、iccプロファイルや用紙の厚みなどを登録します。

Gfs2_2▲一度登録すれば、このように「用紙種類」の選択肢に名称が反映され、用紙の厚さ、iccプロファイルも自動で読み込まれるので、いちいちややこしい設定をしなくて済みます。 何よりプリントの誤りを防げるのがうれしい。

さて、プリント設定が終わり、次は給紙です。この用紙は少し厚みがあって若干コシも強さもあります。通常の給紙口からも給紙できないこともないですが、今回は「SC-PX3V」や「SC-PX5VII」に搭載されている「前面手差し(ファインアート)」から給紙を行います。

ここでワンポイントアドバイス
「前面手差し(ファインアート)」・給紙のコツ

給紙するときは、少し角度をつけて、斜めから浮かせてトレイに滑らせるように入れると上手くいきます! 

Il08▲このようなカンジです。

Il09▲下から見た図。トレイに対し若干浮かせて斜めの角度から滑らせるように入れます。 こうすると引っかかることなく給紙できます。

さてさて、そんなこんなで無事プリントが終わり、参加いただいたみなさんからは
「黒の質感、光沢感が程よい」
「発色がとても鮮明に感じられました。人肌の質感などもきれいに出ています。紙の白色度も違和感なく感じました。」
「ハイライト部まで描き出してくれる色域の広さとやさしい生成りが自分の写真にマッチするので気に入りました。」
「落ち着いた感じで思った以上。紙の手触りも良い。」
などなど。 
やっぱりプリントは実際試してみないと「どこうがどう良いのか悪いのか」「自分の写真に合っているのか」わかりませんよね。 

4/22、23の「サイズ&枚数アップDAY」は終了しましたが、このキャンペーン、まだまだお申込みいただけます!
しつこいようですが、エプサイトはゴールデンウィークも日曜日を除き、祝日は通常営業しております!! 予約もまだまだ空いております!! 絶好のチャンスです!!!

せっかくですので、ぜひみなさんもこの機会に「エプソンのプロセレクションプリンター」x「ゴールドファイバーシルク」の組わせを体験、実感してみてください。 事前予約制ですので、まずはエプサイトにお電話を!

話は変わりまして、キャンペーンの2日間、ご参加いただいた皆様に、イルフォードのギャラリー・プレステージシリーズ全23種類の用紙の中から、好きな用紙、あるいは使ってみたい用紙を選んで投票いただきました。

Il02▲紙が違えば表現も違う、だから面白いんです。 私たちもワクワクしつつお客様の投票を見守りました!

結果を発表!

3位 同率で並んでなんと5種類!!

 <ファインアート バライタ>
 ●Gold Fibre Gloss (ゴールドファイバーグロス)
 ●Gold mono SILK (ゴールドモノシルク)
 
今回、ご参加いただいたお客様にはバライタ紙が人気でした。「しっかり色が出るのに派手にならない」など、発色を保ちながらも落ち着いた雰囲気なのが人気のようです。

 

 <ファインアート マット>

 ●Fine Art Smooth 200gsm (ファインアートスムース)
 
 ●GOLD Cotton Smooth (ゴールドコットンスムース)

マット系では、テクスチャーのある用紙よりも、スムースな表情のほうがみなさんお好みのようです。

 <フォトペーパー>
 ●Smooth High Gloss (スムースハイグロス)

こちらは実は紙ではなくPETベースのフィルム 非常にツルっと光沢感がありますが、フィルムでも自然な白色なのがみなさんの評価を得たようです。顔料インクで今以上の光沢感をのぞまれる方におすすめしたいです。
 

2位  
<フォトペーパー>

 ●Smooth Pearl (スムースパール)

半光沢の上品な用紙。こちらも発色の再現性と落ち着いた雰囲気との両立で人気を博していました。

1位
<ファインアートバライタ>
 ●Gold Fibre Silk (ゴールドファイバーシルク)
 
1位はダントツの票差で今回みなさんにお試しいただいたゴールドファイバーシルクでした。実際試していただいたので、より良さが伝わったのでしょうか。納得です。

そんなこんなで盛り上がった(?!)この投票ですが、実際イルフォードブランドを取り扱うジェットグラフのみなさんはどの用紙が好きなのでしょう。。。。 「紙のプロ」たちの目線を知りたく、今回はお仕事は忘れ、あくまでも「個人の好み」という視点で好きな用紙を選んでいただきました。

Il04イルフォード・ジャパンの川嶋さんとジェットグラフの関さんはお二人そろってSmooth Pearl (スムースパール)を選ばれました。 

関さん:落ち着いた半光沢の表面質とナチュラルな白色、何より色の再現域がすごく広く、本当に使いやすい用紙なんです。RCベースの紙の中では個人的に最高級だと思っています。こんなに優れた紙なのに、比較的お求めやすい価格なのも魅力です。あらゆる面でお値段以上の実力を発揮してくれる紙で、ダントツお勧めです。

川嶋さん:私の場合、はじめから直感で「この紙はいい」って思っていました。理屈抜きで好きなんです。

紙のプロに「直観で好き」と言わせるとは、、 みなさんの人気投票でも2位に入りましたし、大注目の用紙ですね。 

Il06続きまして、ジェットグラフ(株)の清水さんはGold Fibre Gloss (ゴールドファイバーグロス)

清水さん:実はこの紙を日本で初めてプリントしたのは僕なんです! 昨年無事販売することができ、しかも今年「TIPAアワード2016 ベストインクジェットフォトペーパー」にも選ばれました。僕にとっては非常に思い入れの深い用紙です。この紙はイルフォードブランドでは「ゴールドファイバーシルク」、「ゴールドモノシルク」についで第3番目のバライタ紙。グロスの強いこの紙が加わることで、みなさんの選択肢も増えてたのではないかと思っています。

そうたっだのですね! どんなことでも自分が日本で初めてのことに携わるって、、、すごいですよね。
そして、TIPAは世界15か国・27の写真・映像専門誌で構成される団体。この業界を知りつくす世界中の厳しい目を持つ記者たちに選ばれるのは、とっても光栄な事ですよね。

Il05最後に取締役、販売推進本部の高柳部長はSmooth Cotton Rag (スムースコットンラグ)
こちらはコットン100%、スムースで非常に滑らかなペーパーです。

高柳部長:こういった画材紙に写真がプリントできるのはインクジェットだからこそ。 上質な素材で表現は落ち着いていながらも解像度はしっかりあります。そういった意味ではこの紙は王道。 実は欧米でファインアートアート紙と言えばこういった画材紙が主流ですが、日本ではようやく認知されてきたところなので、これからもっと魅力を伝えていきたいです。

うーん、、こういったトラディショナルなアートペーパーを選ぶあたり、さすが紳士です!
しかし、みなさんそれぞれの思いがあって、聞いてみると面白いものです。 みなさま、ご協力いただきましてありがとうございました。

最後になりますが、こういったさまざまな用紙で写真表現を楽しめるのはインクジェットだからこそ。今は魅力的な紙がますます増えて、表現の幅が確実に広がっているのを実感します。
プリンターもエプソンでは「SC-PX3V」や「SC-PX5VII」といった機種は、こういった他メーカーの用紙を使用する際にも使いやすいように工夫されています。 
みなさんにもぜひ、自分の表現に合う紙を見つけて、もっと作品づくりを楽しんでくださいね。

エプサイトにはプリンターや用紙、またプリント制作に詳しいスタッフがおりますので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。みなさんの作品制作に役立つ情報が見つけられるかもしれません。

みなさんのご来場を心よりお待ちしております。

(オギー)



 



このページの先頭へ

最新のトラックバック

トラックバック一覧